ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

イベント情報

  • HOME
  • > イベント情報一覧
  • > 企画展「文字模似言葉(もじもじことのは)」オープニングイベントのお知らせ【受付終了】

イベント情報

企画展「文字模似言葉(もじもじことのは)」オープニングイベントのお知らせ【受付終了】

イベント情報一覧に戻る

 

本イベントは、定員に達したため、参加受付を終了しました。

2月13日より開催する次回展「文字模似言葉(もじもじことのは)」では、開催初日にオープニングイベントを実施します。このオープニングイベントでは、展覧会の魅力を深めるような3つのプログラムを鑑賞・聴講いただけます。

 

1.パフォーマンス「ことのはディスタンス」
出演:今井祝雄+林葵衣

本展のディレクターである今井祝雄さん、出展者の林葵衣さんによるパフォーマンスです。文字・言葉をめぐって、2人の表現が重なり合う、刺激的なパフォーマンスをご覧ください。

 

2.講演「ことばと美術-GUTAI を糸口に」
講師:加藤瑞穂(大阪大学 総合学術博物館 招へい准教授)

美術史家の加藤瑞穂さんによる講演です。今井さんや出展者の元永さんも所属していた、「具体美術協会」のお話を中心に講演いただきます。

「具体美術協会」は1954年に発足した、前衛芸術グループです。当時の作品を見ていきながら、ことばと美術についてお話しいただきます。

 

3.講演「アール・ブリュット―戸來貴規の読み方」
講師:田端一恵(社会福祉法人グロー法人本部企画事業部長)

 出展者の戸來貴規さんの書く謎めいた模様が解読可能な≪にっき≫であると突き止めたのは、現在、NO-MAの運営母体である社会福祉法人グローに所属する田端一恵でした。

 いかにして≪にっき≫を作り続けた戸來さんの営みが読み解かれたのか――そのプロセスを、当時、戸來さんの支援を担当していた田端がお話しします。

 

日時:2021年2月13日(土)13:30~16:00

会場:酒游舘(滋賀県近江八幡市仲屋町6)

定員:30名(要予約)

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【お申込み・お問い合わせ】

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

Tel/Fax 0748-36-5018

E-mail no-ma[ at ]lake.ocn.ne.jp ※[ at ]を@に変換してください。

イベント情報一覧に戻る

ご展覧会情報

ボーダレスの証明 はたよしこという衝動

2021年6月5日(土)~8月29日(日)

絵本作家のはたよしこは、1991年、兵庫県西宮市のすずかけ作業所で絵画クラブを始めました。また、NO-MAの設立前から関わり、館の名称である「ボーダレス・アート」というコンセプトを見出すと、2004年の開館後はNO-MAのアートディレクターとして、20本を超える展覧会を企画しました。障害者、高齢者、現代アーティストなど、あらゆる表現者がボーダレスに集う展覧会を生み出し、新たな芸術観を社会に提示してきたのです。
本展では、「はたよしこ」という人物がフルスロットルで走り抜けたその軌跡を追い、彼女が思い描き、また行動に移した「ボーダレス」を体感いただきます。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ