ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

イベント情報

  • HOME
  • > イベント情報一覧
  • > 企画展「文字模似言葉(もじもじことのは)」オープニングイベントのお知らせ【受付終了】

イベント情報

企画展「文字模似言葉(もじもじことのは)」オープニングイベントのお知らせ【受付終了】

イベント情報一覧に戻る

 

本イベントは、定員に達したため、参加受付を終了しました。

2月13日より開催する次回展「文字模似言葉(もじもじことのは)」では、開催初日にオープニングイベントを実施します。このオープニングイベントでは、展覧会の魅力を深めるような3つのプログラムを鑑賞・聴講いただけます。

 

1.パフォーマンス「ことのはディスタンス」
出演:今井祝雄+林葵衣

本展のディレクターである今井祝雄さん、出展者の林葵衣さんによるパフォーマンスです。文字・言葉をめぐって、2人の表現が重なり合う、刺激的なパフォーマンスをご覧ください。

 

2.講演「ことばと美術-GUTAI を糸口に」
講師:加藤瑞穂(大阪大学 総合学術博物館 招へい准教授)

美術史家の加藤瑞穂さんによる講演です。今井さんや出展者の元永さんも所属していた、「具体美術協会」のお話を中心に講演いただきます。

「具体美術協会」は1954年に発足した、前衛芸術グループです。当時の作品を見ていきながら、ことばと美術についてお話しいただきます。

 

3.講演「アール・ブリュット―戸來貴規の読み方」
講師:田端一恵(社会福祉法人グロー法人本部企画事業部長)

 出展者の戸來貴規さんの書く謎めいた模様が解読可能な≪にっき≫であると突き止めたのは、現在、NO-MAの運営母体である社会福祉法人グローに所属する田端一恵でした。

 いかにして≪にっき≫を作り続けた戸來さんの営みが読み解かれたのか――そのプロセスを、当時、戸來さんの支援を担当していた田端がお話しします。

 

日時:2021年2月13日(土)13:30~16:00

会場:酒游舘(滋賀県近江八幡市仲屋町6)

定員:30名(要予約)

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【お申込み・お問い合わせ】

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

Tel/Fax 0748-36-5018

E-mail no-ma[ at ]lake.ocn.ne.jp ※[ at ]を@に変換してください。

イベント情報一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ