ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ご利用案内

施設案内

面積 敷地396.669m2 延床218.45m2
構造 木造2階建、冷暖房、エレベーター
施設概要 1F展示スペース、2F和室展示スペース、ライブラリー、蔵、表庭・中庭

施設マップ

コインロッカー

コインロッカーは玄関に入ってすぐの場所にありますのでご利用ください。使用料は100円ですが、使用後に戻ります。
※空きがない場合やロッカーに入らない大きな荷物は、受付にてお預かりします。お尋ねください。

バリアフリー

NO-MAは全館バリアフリーに対応しています。

  • 障害のある方優先駐車場はNO-MA専用駐車場に1台分ご用意しています。
    (駐車場ナンバー2が障害のある方優先駐車場です。)
  • 車いすは玄関に1台設置されています。
  • 多目的トイレは1カ所あります。
  • 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)は入館可能です。(ペットの入館は禁止です。)
  • 2階までのエレベーターを設置しています。(高さ:2m、幅:0.9m、奥行:1.1m、乗車定員:3名200kg)
    ※エレベーターに乗りきらない車いすをお使いの方は事前にご相談ください。
  • ベビーカーはありません。各自でご用意願います。

トイレ

館内1階に2カ所あります。そのうち多目的トイレは階段下に1カ所あります。

ライブラリーコーナー

2階にライブラリーコーナーを設置しています。展覧会カタログや専門書籍、アート雑誌などを閲覧することができます。(企画展により展覧会場になることもございます。)

ミュージアムショップ

受付周りの小さなスペースではございますが、展覧会カタログ、オリジナルポストカードをはじめ、NO-MAならではの様々なグッズを販売しています。展覧会によって関連グッズも販売しています。

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ