ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

アール・ブリュット‐日本人と自然- BEYOND

2022年2月11日(金・祝)~3月21日(月・祝)

2020年2月、滋賀県において、「アール・ブリュット-日本人と自然-」展が開催されました。それから2021年12月まで、この展覧会は全国7地域を巡回し、各地に独創的な表現を届けてきました。2年の旅路の中で様々な出会いを果たし、アップデートした同展ですが、2022年2月、はじまりの場所にして最終目的地でもある滋賀県に、「Beyond」という言葉を加えて、戻ってきます。
旅路の中で出会った各地域の20名のアーティストを紹介する「Traveling―巡り合いの中から」、これから先=Beyondを見据える創造の形を浮かび上がらせる6組の表現で構成する「共同創造―新しいクリエイションのかたち」、この2つのセクションで、150点に及ぶ作品を展示します。

障害者の文化芸術フェスティバルとは
「日本人と自然」をテーマに、障害者の視点を通じて国内外に発信する文化芸術フェスティバルです。アール・ブリュット展、舞台芸術公演、バリアフリー映画の上映、バリアフリー演劇の上演、農×福×食のイベントなどを実施します。

  • →イベント
  • →作家・作品情報
  • プレス資料
会場第1会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16[旧野間邸])
第2会場:旧増田邸(滋賀県近江八幡市仲屋町中4)
第3会場:まちや倶楽部(滋賀県近江八幡市仲屋町中21)
開館時間11:00~17:00
休館日月曜日(3月21日は除く)
観覧料共通券500円(450円)、高大生450円(400円)、一館チケット200円
※障害のある方と付添者1名、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

主催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルに向けた全国会議、日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル近畿ブロック実行委員会 共催:2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障がい者の芸術文化活動推進知事連盟、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 後援:滋賀県教育委員会、大津市、大津市教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会 協力:あいち清光会 サンフレンド、青葉仁会、アートステーションどんこや、有田ひまわり福祉会、あーるど、YELLOW、近江八幡観光物産協会、クリエイティブサポートレッツ、クリーニングの相互 仲屋営業所、グループホームわくわく、国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ実行委員会、しあわせ作業所、信楽青年寮、しみんふくし滋賀、障害者支援施設 愛隣館、静内ペテカリ生活支援センターガーデン、すたじおぽっち、創作ヴィレッジこるり村、みぬま福祉会 工房集、もうひとつの美術館、もみの木福祉会、当麻かたるべの森、やまなみ工房、藁工ミュージアム


出展者:

浅野春香 / 穴瀬生司 / 今村花子 / 大井康弘 /葛西孝之 / 小林靖宏 / ごまのはえ+ 芝田貴子 / 坂本三次郎+椎原保 / 杉浦篤 / 鈴村恵太 / 高橋舞 / 高丸誠 / 田中乃理子 / 鶴川弘二 / 中武卓 / 中山正仁 /西澤彰 / ノナカミホ / 廣川照章 / 藤田雄 / 曲梶智恵美 / 升山和明 / 水沼久直 / 宮井英寿 / 森川里緒奈 / 森脇高弘

企画協力:広瀬浩二郎(国立民族学博物館グローバル現象研究部 准教授)


目には見えない感覚を“さわる”

―広瀬浩二郎さんと共に創造する美術鑑賞のBeyond


国立民族学博物館に勤務するキュレーター・研究者の広瀬さんは、見ることを前提とせず、主に触感を通して楽しむ展覧会や作品鑑賞会を企画し、「さわる文化」の発信に取り組んでいます。本展では、広瀬さんと共同し、「見る」以外の方法から作品を楽しむ鑑賞体験を創造するコーナーを設けます。

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来場される方は以下の対策をお願いいたします。


1.体調不良(発熱・咳・咽頭痛・味覚障害などの症状)の方はご来場をご遠慮いただきます。

2.マスク着用、こまめな手洗い、アルコール等による手指消毒をお願いします。

3.観覧中は、他の人と接触しない程度の間隔を確保してください。

 (障害のある方等の誘導、介助を行う場合は除きます)


主催者として、以下の新型コロナウイルス対策を徹底します。


● スタッフの体調確認を行います。

● スタッフはマスク着用の上で案内いたします。また、こまめな手洗いを行います。

● 会場内のドア、手すり、トイレなど、手を触れられる箇所の消毒を強化します。

● 会場内は密閉した空間にならないよう、定期的に換気を行います。


日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル 近畿ブロック実行委員会


一般社団法人ジェネシスオブエンターテイメント、近畿地区身体障害者施設協議会、特定非営利活動法人DPI日本会議、湖南ダンスワークショップ実行委員会、滋賀県文化スポーツ部文化芸術振興課、滋賀県健康医療福祉部障害福祉課、一般社団法人滋賀県ろうあ協会、一般財団法人全日本ろうあ連盟、一般社団法人障害者の食と文化活動推進研究会、公益社団法人滋賀県手をつなぐ育成会、社会福祉法人グロー(GLOW)


お問い合わせ


日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル

近畿ブロック実行委員会事務局(社会福祉法人グロー)

〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦4837-2

TEL:0748-46-8100 FAX:0748-46-8228 Mail:creationnippon@gmail.com

関連イベント

「広瀬浩二郎さんとさわる!つくる!」【定員に達しました】

※こちらのイベントは終了しました。ご了承ください。
共同創造した鑑賞体験のコーナーを、広瀬さんとともに体験したり、関連する創作体験を行うイベントです。
日時:3月9日(水)、11日(金)14:00-16:00
定員:各5名(要予約)
集合:まちや俱楽部(滋賀県近江八幡市仲屋町21)

※当初、2月23日(水・祝)の開催を予定していましたが、新型コロナウイルス拡大を受けて、3月に延期しました。

出展者

田中 乃理子 Tanaka Noriko

《五色の色とその他の色》2010

1979- 三重県在住 lives in Mie

藤田 雄 Fujita Yu

《618のおかあさんライオンとぺんぎんとぱんだちゃん》2011頃

1971- 奈良県在住 lives in Nara

穴瀬 生司 Anase Seiji

無題 2016

1966- 大阪府在住 lives in Osaka

宮井 英寿 Miyai Hidetoshi

無題 2021

1998- 和歌山県在住 lives in Wakayama

大井 康弘 Oi Yasuhiro

《ガネーシャ》 2013

1982- 滋賀県在住 lives in Shiga

廣川 照章 Hirokawa Terufumi

《箱》2021-2022

1965- 京都府在住 lives in Kyoto

鶴川 弘二 Tsurukawa Koji

無題 2011年頃

1973- 兵庫県在住 lives in Hyogo

中武 卓 Nakatake Suguru

《クルンクルン》 2021

1996- 宮崎県在住 lives in Miyazaki

曲梶 智恵美 Magarikaji Chiemi

《花》制作年不詳

1981- 熊本県在住 lives in Kumamoto

水沼 久直 Mizunuma Hisanao

《完全なふっかつのつなみ》 2013

1972- 岩手県在住 lives in Iwate

葛西 孝之 Kasai Takayuki

無題 制作年不詳

1959- 青森県在住 lives in Aomori

浅野 春香 Asano Haruka

《コオラル2》 2021

1985- 宮城県在住 lives in Miyagi

高橋 舞 Takahashi Mai

無題<いいものシリーズ> 2012-2013

1991- 静岡県在住 lives in Shizuoka

https://archive.artbrut-creation-nippon.jp/museum/niigata/takahashimai01/

升山 和明 Masuyama Kazuaki

《清水屋とタクシーたち》 2017

1967- 愛知県在住 lives in Aichi

https://archive.artbrut-creation-nippon.jp/museum/niigata/masuyama01/

ノナカミホ Nonaka Miho

無題 2020

1991- 山梨県在住 lives in Yamanashi

森川 里緒奈 Morikawa Riona

《日々の出来事》制作年不詳

1998- 埼玉県在住 lives in Saitama

https://archive.artbrut-creation-nippon.jp/museum/shiga/morikawa01/?preview=true

森脇 高弘 Moriwaki Takahiro

無題 2016

1972- 鳥取県在住 lives in Tottori

中山 正仁 Nakayama Masahito

《外国航路》 制作年不詳

1950- 高知県在住 lives in Kochi

高丸 誠 Takamaru Makoto

無題 制作年不詳

1970- 北海道在住 lives in Hokkaido

小林 靖宏 Kobayashi Yasuhiro

1997

1984- 北海道在住 lives in Hokkaido

ごまのはえ+芝田 貴子 Gomanohae + Shibata Takako

《お母さん》 1996-

1977- 大阪府在住 lives in Osaka /1973- 滋賀県在住 lives in Shiga

坂本 三次郎+椎原 保 Sakamoto Sanjiro + Shiihara Tamotsu

椎原保[坂本三次郎になりきって空間を作る]2020

1921-2016 岩手県 lived in Iwate/1952- 京都府在住 lives in Kyoto

鈴村 恵太 Suzumura Keita

《迷甲乙の恋》 2021

1997- 滋賀県在住 lives in Shiga

今村 花子 Imamura Hanako

無題 1995-

1979- 京都府在住 lives in Kyoto

杉浦 篤 Sugiura Atsushi

《Untitled》 1992-

1970- 埼玉県在住 lives in Saitama

西澤 彰 Nishizawa Akira

《飛行機との対話》 2004

1969- 群馬県在住 lives in Gunma

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ