ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 【関連イベント】講演「豊かな時間を創る・支える・そしてひもとく-ふくらの暮らし-」(10月25日)《終了しました》

お知らせ

【関連イベント】講演「豊かな時間を創る・支える・そしてひもとく-ふくらの暮らし-」(10月25日)《終了しました》

お知らせ一覧に戻る

「快走老人録Ⅱ-老ヒテマスマス過激ニナル-」関連イベント
10月25日(土)、講演会「豊かな時間を創る・支える・そしてひもとく」を開催いたします。

「高齢」をテーマにした本展ならではのイベントです。
「特別養護老人ホームふくら」は、ボーダレス・アートミュージアムNO-Mと同じく、社会福祉法人グロー(GLOW)が運営しています。グローのホームページはこちら

ふくらでは、ご本人の人生と向き合いながら、一緒に支援していく「豊かな看取りケア」を行っています。

年を重ねることは自然なことです。
それは、弱っていくだけではありません。
豊富な経験や知識、そして神経も太くなって・・・・いいこともいっぱいあります。
「快走老人録Ⅱ」の作家も、まさに、色々な「いいこと」を楽しんでいます。

【箸袋のコレクションファイルを手にする白井貞夫さん】


【自作のカカシと畑作業をする小西節男さん】

「看取りケア」は、一人の力ではできません。ふくらでは、施設長、嘱託医、看護師、介護士、栄養士などがチームでケアにあたっています。
ふくらを訪れると、いい雰囲気だな、楽しいな、という気持ちになります。「地域の人を最後まで地域で看たい。そして看取りがスタッフの成長に大きく関わっている」という施設長やスタッフの思いが、日々のケアや交わす言葉や姿勢に、にじみ出ているのかもしれません。

「看取りの中のいろいろな出来事を通して、琴線に触れるようにスタッフの心が大きく震える瞬間がある。その瞬間を共感できることは嬉しい。」と語る金森さん。「豊かなケア」が巡り巡ってたくさんの人の成長にも繋がっているようです。

【笑顔の金森さん】

また今回は、看取りケアだけでなく、「できる」を大切にした老人ホームでの暮らしも紹介します。
「ふくらにもアール・ブリュット作家がいた?!」というタイトルにもなるような、想像力いっぱいに、毎日を豊かに過ごしていらっしゃる方々をご紹介します。

【利用者さんが作られた作品を皆で見られるように展示しています】

自分自身の豊かな最後の時間のために、どうしたらいいのか。
無理することなく、豊かな時間を育みながら老いることについて、一緒に考えてみませんか。

講 師:金森暢子(特別養護老人ホームふくら看護主任)
日 時:10月25日(土)午後2時~午後3時
会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
定 員:20名(要予約)
参加費:観覧料

申込みはNO-MAまで。

金森さんは、9月27、28日に開催された「第1回全国手をつなぐ育成会連合会 全国大会島根大会」で講師として発表をされました。
その時のレポートが社会福祉法人グローのホームページで紹介されています。ぜひご覧ください。

またグローのホームページ「大西暢夫の写真と言葉で綴るGLOW」にも、「特別養護老人ホームふくら」が取り上げられています。
大西さんは、本ブログの写真を撮影された方で、NO-MAのカタログ写真など、これまでたくさんのアール・ブリュット作品やその作り手を撮影されています。記事はこちらです。

写真撮影:大西暢夫

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ