ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 青柳文化庁長官、村木厚生労働省事務次官、嘉田滋賀県知事の鼎談録が掲載されました

お知らせ

青柳文化庁長官、村木厚生労働省事務次官、嘉田滋賀県知事の鼎談録が掲載されました

お知らせ一覧に戻る

2月7~9日に開催された、全国規模の福祉フォーラム「アメニティーフォーラム18」の2日目に開催された青柳文化庁長官、村木厚生労働省事務次官、嘉田滋賀県知事のトークセッション。
「アール・ブリュット アート 日本~障害者が拓く新しい芸術の未来~」と題されたこの鼎談録が糸賀一雄生誕100年記念事業総合サイトのレポートコラムに掲載されました。

進行は毎日新聞の野沢論説委員で、それぞれの専門的見地からアール・ブリュットについて、とても興味深い示唆をいただきましたので、是非ご高覧ください。

糸賀一雄生誕100年記念事業の掲載ページはこちらから
「糸賀一雄生誕100年記念事業ホームページ」
http://100.itogazaidan.jp/report/report_36

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ