ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

イベント情報

イベント情報

企画展関連イベント「はたよしこギャラリートーク」のお知らせ《終了》

イベント情報一覧に戻る

本展覧会を企画した はた よしこ によるギャラリートーク第二弾

なぜ「カソケキ+チカラ」なのか。皆さんと一緒に作品を鑑賞しながら話します。
皆さまからの質問も受け付けます。どうぞお見逃しなく!

「NO-MA de ギャラリートーク2」
日時:2013年12月1日(日)13:30~14:30
会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
参加費:観覧料
定員:20名(要予約)


はた よしこ プロフィール
NO-MA開館からアート・ディレクターを務める。本展企画者。
主な企画展は『私あるいは私』『快走老人録』『アールブリュット/交差する魂』『飛行する記憶』『踊る細胞~田島征三とアール・ブリュットたち~』など。著書に『DNA パラダイス』(日本知的障害者福祉協会、2003年)、『アウトサイダー・アートの世界―東と西のアールブリュット』(紀伊国屋書店、2008 年)など。ドキュメンタリー映画「まひるのほし」「花子」の企画制作にも携わる。西宮市にある知的障がい者支援施設「武庫川すずかけ作業所」にて絵画クラブを主宰。

ご予約はNO-MAまでお電話もしくは「お問い合わせ・メールマガジン」よりお申し込みください。
電話:0748-36-5018

<ご記入・ご連絡いただく内容>

・お名前

・ご連絡先

・イベント名 (「ギャラリートーク2」とご記入ください。)

・お申し込み人数

イベント情報一覧に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ