ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 「対話の庭」夏休み企画ワークショップ『あの日の思い出は何色?記憶のジュエリーを作ろう』

お知らせ

「対話の庭」夏休み企画ワークショップ『あの日の思い出は何色?記憶のジュエリーを作ろう』

お知らせ一覧に戻る

みんなと過ごして楽しかったあの時、人生でいちばん泣いたあの日――
このワークショップでは、アーティスト林智子さんを囲み、
私たちが経験してきた記憶をもとに、きらきら輝くジュエリーを作ります。

日時:2013年8月3日(土)13:30~15:30
集合場所:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
会場:
13:00~ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
14:00~DIG’S(近江八幡市為心町上19)
定員:20名(要予約・定員になり次第締め切り)
参加費:観覧料のみ
対象:子どもから大人まで
お申し込み・お問い合わせ:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

【林智子 プロフィール】
京都で伝統的な染色と美術を学び、そこで培った美学を海外の文化と融合すべくロンドンの大学院でデザインを学ぶ。幼少のころから世界各地を転々とし、現在は東京を拠点にしながら、様々な国で創作活動を行っている。多様な文化背景やライフスタイルを持つ人々と出会う中で、人と人との間の親密な関係をテーマに五感を使った新たなコミュニケーションを模索する作品を作り続けている。

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ