ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

イベント情報

イベント情報

「対話の庭」関連イベント『対話という迷路』《終了》

イベント情報一覧に戻る

「対話の庭Dialogue of Garden―まなざしがこだまする」 関連イベントとして 講演「対話という迷路」を開催します。

「対話」の大切さは、わたしたちの日常生活から、国と国のレベルまで、実にいろいろな場面で語られています。しかし、「自分は近頃、対話をしただろうか」、「対話とはなんだろう?」と深く思い巡らせてみると、一体なにが「対話」で、なにが「対話でない」のか、頭の中がねじれて分からなくなってしまいます。
小林昌廣さんは、「健全な対話」、「不完全な対話」と区別しながら、「対話」になりえる一つの手がかりを提案しています。今回の講演では、私たちが日々おこなう他人とのふれあいや、ソーシャルメディアを使ってのやり取り、アーティストが作品や自分と向き合う行為など、多様な視点で「対話」のむずかしさ、そして、すばらしさを探していきたいと思います。

講演『対話という迷路』
講 師:小林昌廣(IAMAS情報科学芸術大学院大学教授)
日 時:2013年7月6日(土)13:30〜15:00
会 場:野間清六邸(NO-MA向かい側)
定 員:30名(要予約/定員になり次第締め切り)
参加費:無料
お申し込み・お問い合わせ:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

小林昌廣 1959年東京生まれ。
大阪大学大学院医学研究科博士課程単位取得。医療・哲学・芸術の三点から見た新たな身体論を構築。専門は医療人類学、身体表現研究、表象文化論、古典芸能批評。歌舞伎は三歳の頃から見続けている。古今亭志ん朝と同じ町内会であったのが自慢。主著に『病い論の現在形』『臨床する芸術学』など多数。

イベント情報一覧に戻る

ご展覧会情報

企画展 「反復と平和――日々、わたしを繰り返す」

2022年(令和4年)4月29日(金)-7月31日(日)

「平穏無事」「やはり家が一番」「いつもの味」等々、わたしたちは、しばしば、世界が変わらずに繰り返されることと、心の安寧とを、同じように考えることがあります。
しかしながら、実際には1日たりとも同じ日などないように、世界とは本来、常に変化を続ける時空間です。
馴染みの書店の閉店から、未曽有のパンデミックまで、変化は様々な形で表れ、わたしたちの日々を乱していきます。
そんな中にあって、わたしたちは同じことを繰り返すことへの志向を持ち、常同的世界の創造に、平穏な日々を支える足場の役割を与えようとします。

「反復」に「平和」を見る―
それはいったいいかなる人間的な行為なのでしょうか。
本展では「繰り返し」をテーマに7人の作者の表現を紹介します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ