ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

イベント情報

  • HOME
  • > イベント情報一覧
  • > 「対話の庭」関連イベント第一弾『アール・ブリュットから鑑賞教育を考える』《終了》

イベント情報

「対話の庭」関連イベント第一弾『アール・ブリュットから鑑賞教育を考える』《終了》

イベント情報一覧に戻る

現在開催中の「対話の庭Dialogue of Garden―まなざしがこだまする」、
その関連イベント第一弾として、対話による美術鑑賞教育の研究を
専門とする奥村高明さんを講師としてお迎えし、
講演会とワークショップという2つの手法で、
対話を通した鑑賞教育を座学から実践まで体験していただきます。

アール・ブリュット作品に対する自分の見方や感じ方、
考え方を、みなさんとの対話を通して深め広げていき、
近年高い関心が寄せられている対話による鑑賞方法を、アール・ブリュットの視点から捉え、
美術を鑑賞することや鑑賞教育を皆さんと一緒に見つめ直そうとするものです。

対話による美術鑑賞は、作品と複数の鑑賞者の相互作用によって、
作品の意味が多様に生成されると言われています。
本企画を通じて、一人ひとりから引き出されるアール・ブリュットの魅力をともに感じましょう。

日時 2013年5月19日(日)14:00〜16:00(13:30~開場)
集合 野間清六邸(NO-MA向かい側)
会場 14:00〜 野間清六邸(講演) / 15:00〜 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(ワークショップ)
定員 30名(要予約/定員になり次第締め切ります)
参加費 観覧料のみ

イベント情報一覧に戻る

ご展覧会情報

企画展 「反復と平和――日々、わたしを繰り返す」

2022年(令和4年)4月29日(金)-7月31日(日)

「平穏無事」「やはり家が一番」「いつもの味」等々、わたしたちは、しばしば、世界が変わらずに繰り返されることと、心の安寧とを、同じように考えることがあります。
しかしながら、実際には1日たりとも同じ日などないように、世界とは本来、常に変化を続ける時空間です。
馴染みの書店の閉店から、未曽有のパンデミックまで、変化は様々な形で表れ、わたしたちの日々を乱していきます。
そんな中にあって、わたしたちは同じことを繰り返すことへの志向を持ち、常同的世界の創造に、平穏な日々を支える足場の役割を与えようとします。

「反復」に「平和」を見る―
それはいったいいかなる人間的な行為なのでしょうか。
本展では「繰り返し」をテーマに7人の作者の表現を紹介します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ