ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 「アール・ブリュットを巡るトークシリーズ」報告書を無料頒布します《終了》

お知らせ

「アール・ブリュットを巡るトークシリーズ」報告書を無料頒布します《終了》

お知らせ一覧に戻る

2011年6月〜2012年2月、プレ回を含む全9回に渡って開催された
アール・ブリュットを巡るトークシリーズの報告書を、
ご希望の方に無料で頒布します。《終了しました》

このトークシリーズは、医療、福祉、コミュニケーションなど
多様な分野のゲストをお招きし、さまざまな価値観・視点から
アール・ブリュットを編み上げた連続イベントです。
毎回(視点1除く)、聞き手として東京国立近代美術館の保坂健二朗主任研究員にも
ご登壇いただき、ゲストの視点をさらに深めていただきました。

報告書には講演・対談録に加え、本事業のディレクター、
アサダワタル(日常編集家)によるレポートコラムも収録しています。

プレ回 嘉田由紀子(滋賀県知事)※ディレクターコラムのみ
視点1 斎藤 環(精神科医)
視点2 田端 一恵(滋賀県社会福祉事業団企画事業部 課長)
視点3 はた よしこ(ボーダレス・アートミュージアムNO-MAアートディレクター)
視点4 細馬 宏通(動物行動学者・滋賀県立大学 教授)
視点5 中沢 新一(人類学者・野生の科学研究所 所長)
視点6 田口 ランディ(作家)
視点7 高橋 伸行(やさしい美術プロジェクト ディレクター・名古屋造形大学准教授 )
視点8 田中 恒子(美術コレクター・大阪教育大学 名誉教授)

ご希望の方は「トークシリーズ報告書送付希望」の旨を明記の上、
お送り先の住所、氏名、電話番号をお書き添えの上、メールでお申し込みください。
(送られた個人情報は、本報告書発送以外には使用しません)
数に限りがございますので、お早めに。

申込先 art-brut☆sisyazi.jp (☆を@に置き換えてください)
※NO-MAのアドレスとは異なりますのでご注意ください。

5月2日(木)16:00を持ちまして、受付を終了とさせていただきました。
たくさんのお申し込みを頂き、ありがとうございました。

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ