ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

対話の庭 Dialogue of Garden―まなざしがこだまする

2013年4月27日(土)〜8月11日(日)

 「対話」とはなにかと考えたとき、相手と話しあうこと、認めあうことなどが思い起こされるかもしれません。しかし、自己の内面に向き合うことも広い意味での「対話」と言えるでしょう。例えば、絵画や造形などにおける「表現」には、自己との徹底的な対話が潜んでいます。そして、そこから立ち現れた作品と鑑賞者が展示空間において対峙するとき、対話は新たな色彩を帯び始めるのではないでしょうか。

 ボーダレス・アートミュージアムNO‐MAは、2004年の開館以降、「アール・ブリュット 」という概念から導き出される作品と、第一線で活躍するアーティストの作品を共に展示し、それらの対比や融和から、人が「表現」することの普遍性を感じてもらう展覧会を開催してきました。
 本展では、「対話」というテーマを掲げ、さまざまな創作背景を持つ8名の作家の作品紹介を通じて、「表現」と私たちの日々の営みとをつなげる回路に迫ります。
 作品一つひとつと向き合う体験を深めることで、作者の内なる対話に耳を澄まし、空間全体にこだまする対話に身を任せてみてください。そこから浮かびあがる多様で重層的な世界に触れることは、きっと私たちの中にある「まだ見ぬ私」との出会いにつながることでしょう。

  • →イベント
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間11:00~17:00
休館日月曜日休館(ただし、祝祭日の場合、翌日休館)
観覧料一般300(250)円、高大生250(200)円、中学生以下・障害のある方と付添者1名無料   ※( )内は20名以上の団体料金
主催:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会
協力:救護施設 松山荘、彦根学園、平川病院〈造形教室〉、一般社団法人 水口病院、DIG’S、近江八幡観光物産協会、NPO法人しみんふくし滋賀、八幡酒蔵工房

関連イベント

鑑賞プログラムⅠ『アール・ブリュットから鑑賞教育を考える』

講 師:奥村高明(聖徳大学児童学部教授/前文部科学省教科調査官)
日 時:2013年5月19日(日)14:00〜16:00
会 場:14:00〜 野間清六邸(講演)
15:00〜 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(ワークショップ)
集 合:野間清六邸(NO-MA向かい側)
定 員:30名(要予約/定員になり次第締め切り)
参加費:観覧料のみ
近年、美術分野で高い関心が寄せられている鑑賞教育。このプログラムでは、奥村高明先生を講師に迎え、専門的な見地から、アール・ブリュットをとおした教育について深く考えていきます。

鑑賞プログラムⅡ『作品をみる、かんがえる、はなす、きく』

①2013年6月8日(土)13:30〜15:00
ファシリテーター:木元聖奈(学芸員)
②2013年6月29日(土)13:30〜15:00
ファシリテーター:横井悠(学芸員)
会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
定 員:10名(要予約/定員になり次第締め切り)
参加費:観覧料のみ
対象:子どもから大人まで
自由な発想で一つの作品をみんなで向き合うことの楽しさ、そこから見えてくる新しい発見などを探していく対話型鑑賞プログラムです。

講演『対話という迷路』

講 師:小林昌廣(IAMAS情報科学芸術大学院大学教授)
日 時:2013年7月6日(土)13:30〜15:00
会 場:野間清六邸(NO-MA向かい側)
定 員:30名(要予約/定員になり次第締め切り)
参加費:無料
医療、哲学、芸術の3つの視点から、人間において最も重要な営みと言える「対話」の本質に迫ります。小林昌廣教授に、わかりやすく、しなやかに対話の迷路をご案内いただきます。

『夕暮れNO-MA de ギャラリートーク』

講 師:横井悠(本展担当学芸員)
日 時:2013年7月19日(金)18:30〜19:30
会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
定 員:20名(要予約/定員になり次第締め切り)
参加費:観覧料のみ
※当日は20:00まで特別開館いたします。
夜間特別開館されたNO-MAで、展示作品の見どころ、作家のご紹介、鑑賞に役立つエピソードなどをじっくりお話します。夜になるとガラリと変化する展示空間もお楽しみください。

夏休み企画ワークショップ『あの日の思い出は何色? 記憶のジュエリーを作ろう』

講 師:林智子(出展作家)
日 時:2013年 8月3日(土)13:30〜15:30
集 合:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
会 場:13:30― ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
14:00― DIG’S(近江八幡市為心町上19)
定 員:20名(要予約/定員になり次第締め切り)
参加費:観覧料のみ
対 象:子どもから大人まで
アーティスト林智子さんを囲んで「おもいでのジュエリー」をつくります。みんなと過ごして楽しかったあの時、人生でいちばん泣いたあの日――
言葉ではうまく表せない思い出を、ワークショップでつくる、きらきら輝くジュエリーに込めて参加者全員で分かち合います。

イベントのご予約・お問い合わせ

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
滋賀県近江八幡市永原町上16
TEL/FAX: 0748-36-5018
お問い合わせフォーム

出展作家

石原峯明/岡本光博/沢井実/坂本三次郎/新屋喜生/杉本たまえ/鷲見麿/林智子

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

第18回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2021年(令和3年)11月27日(土)~ 12月26日(日)  後期:2022年(令和4年)1月8日(土)~ 2月6日(日)

県内福祉施設等とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画する展覧会「滋賀県施設・学校合同企画展ing… ~障害のある人の進行形~」は、本年で18回目を迎えます。
障害のある人の日々の生活に寄り添う支援者ならではの目線で展示を構成した本展は、滋賀県内の障害のある作者30人の作品を2期にわたりご紹介します。
展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援者と関わり合う時間が凝縮されています。日々生み出される、作者の現在進行形の表現を、ご堪能ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ