ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

イベント情報

  • HOME
  • > イベント情報一覧
  • > 緊急告知!!「踊る細胞展」関連イベント 「「歓喜のアート / 歌え、踊れ、描けよ子どもたち」チェチェン映像作家ザーラ・イマーエワと田島征三の対話」開催!

イベント情報

緊急告知!!「踊る細胞展」関連イベント 「「歓喜のアート / 歌え、踊れ、描けよ子どもたち」チェチェン映像作家ザーラ・イマーエワと田島征三の対話」開催!

イベント情報一覧に戻る

チェチェン戦争のためにアゼルバイジャンに亡命中の映像作家ザーラ・イマーエワさんと、「踊る細胞」出展作家の田島征三さんのトークセッションを行います。司会に田口ランディさん、特別ゲストとして姜信子さんをお招きし、日本とチェチェンの二人のアーティストが対話を深めます。ぜひご参加ください。

ザーラ・イマーエワ スピーキングツアー「日本全国対話の旅」

「歓喜のアート / 歌え、踊れ、描けよ子どもたち」
チェチェン映像作家ザーラ・イマーエワと田島征三の対話

司会:田口ランディ(作家)
特別ゲスト:姜信子(作家)

ザーラ・イマーエワはチェチェン戦争のためにアゼルバイジャンに 亡命中の映像作家です。10年前にアムネスティの招きで全国スピーキングツアーを行ったことが機縁となり、日本と交流をもつようになりました。ザーラは日本で経たさまざまな経験から触発されて、難民の子どもたちへの芸術療法を始めました。
映像作家であると同時に、すぐれたアートセラピストとなったザーラは、独自の演劇療法を確立し、アートセラピーセンターを設立。難民として離散し傷ついた子どもたちに歌や踊り、絵を用いたアートによるケアを行っています。
今回10年ぶりに、彼女を支援する方たち(チェチェン連絡会議)の招きで来日し「日本全国対話の旅」(スピーキングツアー)を行うこととなりました。
ザーラは日本で様々なアーティストと対話し、自らの新たな力として、難民化する人々と共に生き、迫害され消されようとしているチェチェンの文化を守ろうとしています。
今回、日本のアール・ブリュットと初めて接するザーラが何を感じ、何を得るのか。
日本とチェチェンの二人のアーティストの出会いの奇蹟に立ち合ってください。

日時:2013年3月23日(土)14:00~16:30
会場:近江八幡市立マルチメディアセンター2階 ミニシアタールーム
   (滋賀県近江八幡市出町645-4 TEL:0748-31-0800)
参加費:無料(予約不要)

問い合わせ先:滋賀県社会福祉事業団企画事業部(担当:西川、齋藤)
       TEL:0748-46-8100

主催:NPO法人はれたりくもったり

イベント情報一覧に戻る

ご展覧会情報

企画展 「反復と平和――日々、わたしを繰り返す」

2022年(令和4年)4月29日(金)-7月31日(日)

「平穏無事」「やはり家が一番」「いつもの味」等々、わたしたちは、しばしば、世界が変わらずに繰り返されることと、心の安寧とを、同じように考えることがあります。
しかしながら、実際には1日たりとも同じ日などないように、世界とは本来、常に変化を続ける時空間です。
馴染みの書店の閉店から、未曽有のパンデミックまで、変化は様々な形で表れ、わたしたちの日々を乱していきます。
そんな中にあって、わたしたちは同じことを繰り返すことへの志向を持ち、常同的世界の創造に、平穏な日々を支える足場の役割を与えようとします。

「反復」に「平和」を見る―
それはいったいいかなる人間的な行為なのでしょうか。
本展では「繰り返し」をテーマに7人の作者の表現を紹介します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ