ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > ボーダレス企画公募 公開プレゼンテーションの開催【終了】

お知らせ

ボーダレス企画公募 公開プレゼンテーションの開催【終了】

お知らせ一覧に戻る

ボーダレス・アート企画 公開プレゼンテーション
~2006ボーダレスアート企画公募 2次選考会~ 

ボーダレスアートギャラリーNO-MAでは、今年の6月より「ボーダレスアート企画公募」と題して、障害のある方の表現を盛り込んだ展覧会企画を募集して参りました。
その結果、北は北海道から南は広島まで、どれも斬新でユニークな企画が集まりました。
1次審査(書類選考)を勝ち抜いた5名の企画者が下記の日程で自らのボーダレス・アート企画をプレゼンテーションします。
ボーダレス・アートとはなんなのか。それぞれの企画を通じて企画者と選考委員が熱い議論を展開します。ご期待下さい。

■日時:平成18年8月25日(金)12:30~16:00頃
■会場:ボーダレス・アートギャラリーNO-MA(近江八幡市永原町上16)

■選考委員 *敬称略・五十音順
・今井祝雄(成安造形大学教授)
・小暮宣雄(京都橘大学教授)
・田平麻子(滋賀県立近代美術館 学芸員)
・鳥井新平(近江兄弟社小学校 副校長)
・はたよしこ(ボーダレス・アートギャラリーNO-MAアートディレクター)
・藤本由紀夫(音楽家 京都造形芸術大学教授)
・山田宗寛(唐崎やよい作業所 所長)
・山中康裕(京都ヘルメス研究所所長 京都大学名誉教授 医学博士)
 
■参加料:無料

※参加下さる方は、事前にボーダレスアートギャラリーNO-MAへご連絡下さい。

ボーダレス・アートギャラリーNO-MA
TEL/FAX 0748-36--5018

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第18回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2021年(令和3年)11月27日(土)~ 12月26日(日)  後期:2022年(令和4年)1月8日(土)~ 2月6日(日)

県内福祉施設等とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画する展覧会「滋賀県施設・学校合同企画展ing… ~障害のある人の進行形~」は、本年で18回目を迎えます。
障害のある人の日々の生活に寄り添う支援者ならではの目線で展示を構成した本展は、滋賀県内の障害のある作者30人の作品を2期にわたりご紹介します。
展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援者と関わり合う時間が凝縮されています。日々生み出される、作者の現在進行形の表現を、ご堪能ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ