ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > ボーダレス企画公募 展覧会企画とアートディレクターが決まりました!【終了】

お知らせ

ボーダレス企画公募 展覧会企画とアートディレクターが決まりました!【終了】

お知らせ一覧に戻る

■2006ボーダレス企画公募事業
独立行政法人福祉医療機構の助成を受けて開催する企画公募事業です。公開プレゼンテーションと最終選考の結果、ギャラリーで開催する企画とアートディレクターを次のように採択しました。

■展覧会企画名
「ウチナル音 ~身体音からの造形~」

■企画趣旨
 音楽や言葉に限らず、生物や生命体など世界のあらゆる物にリズムは存在します。
 古来よりリズムは、相互に共振することで、人に感動を与えたりコミュニケーションを可能にしたりと遍在的な現象として、重要な役割を果たしてきました。
 しかし近年、IT化をはじめ社会の急激な変化により、人々はゆとりを失い、四季の移ろいや自然の風景など自然とのリズムを意識することすら少なくなってきています。
 本展で御紹介する5名のアーティストは、いずれも自分の内に宿る固有の身体のリズムを感じ取り表現しています。
本展を通して、観る人全ての中にあるリズムが再確認され、今自分の住んでいる世界とは違う世界のリズム、色々な地域や文化の持つリズムとの共振を考え、バリアのない共生する社会に向け、ふと立ち止まって考える機会になることを願います。

■開催期間(予定)
平成19年1月27日(土)~3月18日(日)

■アートディレクター(左上写真)
櫛野展正氏(広島県福山市)
*福祉施設 福山六方学園職員

☆企画に関する情報はこちら(櫛野氏のブログ)
 ↓
http://noma2006.exblog.jp/

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ