ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

お知らせ

眞野丘秋×辻野達也合同写真展『目のまえの光』【終了】

お知らせ一覧に戻る

2007年6月30日(土)~7月7日(土) *月曜休館
 10:00~17:00 *最終日は15:00まで
 入場無料

写真家は、それぞれの旅に出た-
それぞれの写真家の、目のまえに映し出される光とは

・眞野丘秋写真展「結願(けちがん)」
 2006年5月、慢性疲労の状態から脱却すべく四国88ヶ所の遍路旅に出た。そこはTVや雑誌の写真で見ていたような華やかな所ではなく、日常の延長線上にある、祈りの場所だった。
 淡路で観覧車に迎えられ、異次元への扉が開かれる。
 徳島に入るやいなや、豪雨に見舞われ、後に浄化の雨であったと知る。般若心経を唱える度に、体中のエネルギーが変わる。
 あるお寺では空海に肩を叩かれ、驚いて振り返る。しかし、そこには誰もおらず、猫がこちらを見つめているだけだった。
 旅の終盤、ようやく待ちに待った青空が顔を覗かせた。
 その青空を、私はいつまでも眺めていた。

・辻野達也写真展「アジアのきらめき」
 今回の写真展では、これまで旅した中から、アジアで出会った「きらめき」を展示しました。若かりし日、私は、自分に、そして世界に絶望しながら、それでもなんとか生きるために、必死で「きらめき」を探し、旅していました。その「きらめき」を写真に収めることが、私の生きる希望へとつながりました。今回展示する「きらめき」は、若かりし日の私の人生という泥に咲いた蓮の華たちです。

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ