ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

お知らせ

眞野丘秋×辻野達也合同写真展『目のまえの光』【終了】

お知らせ一覧に戻る

2007年6月30日(土)~7月7日(土) *月曜休館
 10:00~17:00 *最終日は15:00まで
 入場無料

写真家は、それぞれの旅に出た-
それぞれの写真家の、目のまえに映し出される光とは

・眞野丘秋写真展「結願(けちがん)」
 2006年5月、慢性疲労の状態から脱却すべく四国88ヶ所の遍路旅に出た。そこはTVや雑誌の写真で見ていたような華やかな所ではなく、日常の延長線上にある、祈りの場所だった。
 淡路で観覧車に迎えられ、異次元への扉が開かれる。
 徳島に入るやいなや、豪雨に見舞われ、後に浄化の雨であったと知る。般若心経を唱える度に、体中のエネルギーが変わる。
 あるお寺では空海に肩を叩かれ、驚いて振り返る。しかし、そこには誰もおらず、猫がこちらを見つめているだけだった。
 旅の終盤、ようやく待ちに待った青空が顔を覗かせた。
 その青空を、私はいつまでも眺めていた。

・辻野達也写真展「アジアのきらめき」
 今回の写真展では、これまで旅した中から、アジアで出会った「きらめき」を展示しました。若かりし日、私は、自分に、そして世界に絶望しながら、それでもなんとか生きるために、必死で「きらめき」を探し、旅していました。その「きらめき」を写真に収めることが、私の生きる希望へとつながりました。今回展示する「きらめき」は、若かりし日の私の人生という泥に咲いた蓮の華たちです。

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ