ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 2007ボーダレス・アート企画公募 公開プレゼンテーション開催【終了】

お知らせ

2007ボーダレス・アート企画公募 公開プレゼンテーション開催【終了】

お知らせ一覧に戻る

ボーダレス・アート企画公募 公開プレゼンテーション
~2007ボーダレス・アート企画公募二次審査会~

 ボーダレス・アートミュージアムNO-MAでは、一昨年度より「ボーダレス・アート企画公募」と題して、障害のある方の表現を盛り込んだ展覧会企画を募集してまいりました。3回目を迎えた今年度はこれまでにないより実践的な問い合わせや当事業自体に対する反響をいただき、過去最高の応募をいただくこととなりました。応募された企画はどれも斬新でユニークな企画が集まりました。
 先日8月9日(月)に第一次審査(書類選考)を行い、厳正なる審査の結果、5名の企画が審査を通過し、下記の日程で、公開プレゼンテーションを行います。
第一次審査を通過した企画者が、自らのボーダレス・アート企画をプレゼンテーションします。ボーダレス・アートとはなんなのか。それぞれの企画を通じて企画者と選考委員が熱い議論を展開します。ご期待下さい。

◇日時:平成19年8月20日(月)12:00~16:00頃
◇会場:アンドリュース記念館(旧YMCA会館・近江八幡市為心町)
     *当ミュージアムNO-MAより徒歩5分

◇選考委員 *敬称略・五十音順
・今井祝雄(造形作家 成安造形大学教授)
・小暮宣雄(京都橘大学教授)
・田平麻子(滋賀県立近代美術館 学芸員)
・鳥井新平(近江兄弟社小学校 教務主任)
・はたよしこ(当ミュージアムアートディレクター)
・藤本由紀夫(音楽家 京都造形芸術大学教授)
・山田宗寛(唐崎やよい作業所 所長)
・山中康裕(京都ヘルメス研究所所長 京都大学名誉教授 医学博士)

◇参加料:無料

※参加下さる方は、事前に当ミュージアムへご連絡下さい。
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
TEL/FAX 0748-36-5018

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ