ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 【次回開催】第4回滋賀県施設合同企画展 ing…障害のある人の進行形【終了】

お知らせ

【次回開催】第4回滋賀県施設合同企画展 ing…障害のある人の進行形【終了】

お知らせ一覧に戻る

本展は、障害のある人が作った作品などを、滋賀県内の施設で造形活動等を担当している職員が集まって企画・展示を行うもので、今年で4回目を迎えます。
 毎回、施設の担当職員が実行委員会を組織し、作品の展示や展覧会そのものを作り上げていきます。障害のある人たちが作品を生み出す、まさにその瞬間を見つめてきた職員だからこそできる展示を考えていきました。日々の生活の中で、何を感じ、制作したのか、その作品を通じて何を発信したいと考えたのか。作品の制作されたその背景までにも目を凝らし、耳を傾け展示を行ってきました。
この作品を作る人と展示をする人のコラボレーション展を、多くの方にご覧いただく事で、福祉施設の中で完結してしまう、この豊かな表現世界をさらに広く紹介できればと考えています。

2007年10月2日(火)~10月28日(日)10時~17時
月曜休館(10月8日(月)は開館、翌9日(火)は休館)   
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
一般200円 高大生150円 中学生以下無料

【主催】
第4回滋賀県施設合同企画展実行委員会
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA      
【後援】
滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡教育委員会

【参加施設】 
あかね寮、近江学園、かいぜ寮、おおぎの里、唐崎やよい作業所、きぬがさ作業所、湖北寮、やまびこ総合支援センター内さくらはうす、サンシャインいきいき、信楽青年寮、社会就労センターあおぞら、バンバン、社会就労センターいきいき、彦根学園、社会就労センターこだま、ステップ広場ガル、蛍の里、もみじ寮・あざみ寮、やまなみ工房、やまびこ作業所、あおはにの家/萌あおはに

【関連イベント】
ギャラリートーク&ワークショップ
「ジワワとにじむ、ひろがる、色の世界」
10月20日(土)13:00~
定員30名
参加費無料・要予約・先着順
*お申込は第4回滋賀県施設合同企画展実行委員会事務局まで

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ