ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > [次回開催]Outsider Art Photograph Exhibition 東と西の写真家がとらえたアウトサイダー・アート写真展【終了】

お知らせ

[次回開催]Outsider Art Photograph Exhibition 東と西の写真家がとらえたアウトサイダー・アート写真展【終了】

お知らせ一覧に戻る

 当ミュージアムで初めて国際アーティストの作品をお迎えしての展覧会です。アウトサイダー・アートの作家、作品をそれぞれの立場で追い続けてきた二人の写真家の作品を館内を十二分に使って展示いたします。洋の東西を越えた二人の写真家の「見果てぬ夢のカタチ」をご覧ください。

・期間
 平成19年11月3日(土)~12月28日(金)
 月曜休館(祝日の場合は開館 翌火曜が休館)
・時間
 午前10時~午後5時
・観覧料
 一般300円  高大生250円  中学生以下無料
・後援
 滋賀県 滋賀県教育委員会 近江八幡市 
 近江八幡市教育委員会 
・協力
 国際交流事業機構 Maison d’Ailleur
 ILFORD(スイス協賛出版会社)

・出展
 大西暢夫(岐阜県出身039歳)
 Mario Del Curto(マリオ・デル・クルト)
 (スイス出身 51歳)

■関連イベント
アウトサイダー・アートレクチャー「見果てぬ夢のカタチを語る」
Mario Del Curto氏と大西暢夫氏、両氏がこれまで関わってこられた多くのアウトサイダー・アートについてそれぞれに画像や映像を用いたレクチャーを行う。
 日時:平成19年11月11日(日)13:00~16:00
 場所:かわらミュージアム研修室
    (近江八幡市多賀町738-2)

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

絵になる風景

2022年(令和4年)8月11日(木・祝)-11月6日(日)

風景は人によって異なる現れ方をします。その土地に生まれたのか、旅行者なのか、懐かしいふるさとなのか、いつまでも見ていたい、そんな眺めなのか―その人の出自や思い出の数だけ異なった形で、風景はそれぞれの心の内に現れます。
風景を描くということを誰もが一度はしたことがあるはずです。またそれは、美術の歴史の中でもずっと昔から続く営みです。人間にとって、大切な画題である風景。本展では「絵になる風景」をテーマに、7名のアーティストの作品を展示します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ