ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 2007ボーダレス・アート企画公募事業の採択者が決定しました。

お知らせ

2007ボーダレス・アート企画公募事業の採択者が決定しました。

お知らせ一覧に戻る

『2007ボーダレス・アート企画公募』は、障害のある人の表現活動が新たな芸術として認知されること、さらには、その活動が芸術の一分野としての定着を図るため、この活動を支える人材の発掘・育成を目的として実施されています。
3回目となる今年は、全国各地から過去最高となる16件の応募がありました。
山中康裕氏(医学博士・京都大学名誉教授)藤本由紀夫氏(京都造形芸術大学教授・アーティスト)など匆匆たるメンバー審査委員9名による2度の選考会を経て、ART LAB OVAの企画が採択されました。

■ART LAB OVA
「ヘンてこかわいい」をキーワードに1996年から横浜を拠点に展開しているアートプロジェクトです。
商店街で展覧会、動物園でレイヴ、名画座にフィリピン屋台、ホームレスとバーなど、神出鬼没の活動をしています。
今回ははじめての関西遠征。
まちの人たちといっしょに、さらなる近江八幡の魅力を掘り起こしたいと思ってます。

みなさま、よろしくお願いします。

▼オーバのBlog『へんかわ』
http://plaza.rakuten.co.jp/artlabovagoods/
▼最新情報はmixi『ART LAB OVA』コミュをご覧ください。

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ