ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 2007ボーダレス・アート企画公募事業の採択者が決定しました。

お知らせ

2007ボーダレス・アート企画公募事業の採択者が決定しました。

お知らせ一覧に戻る

『2007ボーダレス・アート企画公募』は、障害のある人の表現活動が新たな芸術として認知されること、さらには、その活動が芸術の一分野としての定着を図るため、この活動を支える人材の発掘・育成を目的として実施されています。
3回目となる今年は、全国各地から過去最高となる16件の応募がありました。
山中康裕氏(医学博士・京都大学名誉教授)藤本由紀夫氏(京都造形芸術大学教授・アーティスト)など匆匆たるメンバー審査委員9名による2度の選考会を経て、ART LAB OVAの企画が採択されました。

■ART LAB OVA
「ヘンてこかわいい」をキーワードに1996年から横浜を拠点に展開しているアートプロジェクトです。
商店街で展覧会、動物園でレイヴ、名画座にフィリピン屋台、ホームレスとバーなど、神出鬼没の活動をしています。
今回ははじめての関西遠征。
まちの人たちといっしょに、さらなる近江八幡の魅力を掘り起こしたいと思ってます。

みなさま、よろしくお願いします。

▼オーバのBlog『へんかわ』
http://plaza.rakuten.co.jp/artlabovagoods/
▼最新情報はmixi『ART LAB OVA』コミュをご覧ください。

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第18回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2021年(令和3年)11月27日(土)~ 12月26日(日)  後期:2022年(令和4年)1月8日(土)~ 2月6日(日)

県内福祉施設等とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画する展覧会「滋賀県施設・学校合同企画展ing… ~障害のある人の進行形~」は、本年で18回目を迎えます。
障害のある人の日々の生活に寄り添う支援者ならではの目線で展示を構成した本展は、滋賀県内の障害のある作者30人の作品を2期にわたりご紹介します。
展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援者と関わり合う時間が凝縮されています。日々生み出される、作者の現在進行形の表現を、ご堪能ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ