ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > [貸し館] 町屋全開!-現代アートのコロンブスたち- 展【終了】

お知らせ

[貸し館] 町屋全開!-現代アートのコロンブスたち- 展【終了】

お知らせ一覧に戻る

[貸し館]
町屋全開!-現代アートのコロンブスたち- 展

会期:2009年5月26日(火)~5月31日(日)
時間:11:00~18:00(入場無料)
※通常の開館時間より1時間繰り下げて開館しています。

※終了いたしました。

いわゆるホワイトキューブの美術館やギャラリーではなく、近江八幡の建築物建造物群にある町屋を生かしたボーダレス・アートミュージアムNO-MAの全館に、20代の若者たちの現代アートが展開します。
畳の座敷や庭、土蔵など町屋のそこかしこに絵画・彫刻・オブジェ・映像・インスタレーションなどアートにおけるボーダレスでサイトスペシフィックな表現空間と出合ってください。

出展者
明楽和紀、石田彩乃、遠藤さくら、大村大悟、景山響子、梶川真未、川端那奈子、木﨑健史、栗山透、坂本恵莉、塩見彩、辰巳嘉彦、田中あすみ、田中史乃、橋本知子、林剛、舟田亜耶子、堀井涼平、明界要介、山敷祐介、横井悠

-会期中イベント-

○町屋アートトーク「サイトスペシフィックって?」
2009年5月30日(土)14:00~(参加自由)
2階座敷で岡晋司(彫刻家)+笹岡敬(美術家)+三井知行(大阪市立近代美術館建設準備室学芸員)
進行/今井祝雄(美術家)

主催:成安造形大学(彫刻・構想表現クラス)
協力:特定非営利活動法人U-siアーティスト・ネットワーク

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ