ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 「アウトサイダーアート展~パリ展に行く作家達~」開催【終了】

お知らせ

「アウトサイダーアート展~パリ展に行く作家達~」開催【終了】

お知らせ一覧に戻る

「アウトサイダーアート展~パリ展に行く作家達~」開催 [終了]

アメニティー・ネットワーク・フォーラム4
「アウトサイダーアート展~パリ展に行く作家達~」

2010年2月5日(金) ⇒ 7日(日)

※終了いたしました。

[開館時間]
5日-12:00 → 24:00
6日- 9:00 → 24:00
7日-9:00 → 11:00

[観覧料金]
展覧会のみ 500円
ギャラリートーク(展示観覧料込)
5日 1500円(1日通し) / 6日 2000円(1日通し)
※アメニティー・ネットワーク・フォーラム4の参加者は、
いずれも無料

[展示会場]
大津プリンスホテルコンべンションホール淡海2F
(〒520-8520 滋賀県大津市におの浜4-7-7)

2010年3月、パリ市立アル・サン・ピエール美術館において「ART BRUT JAPONAIS(アール・ブリュット・ジャポネ展)」が開催されます。出展するのは全国20都道府県の作家約60人、作品点数は約1000点。このアール・ブリュット・ジャポネ展を少しでも多くの方に知っていただきたく、プレ展覧会を開催します。同時に、アール・ブリュット・ジャポネ展を応援する人たちによる豪華ギャラリートークも行います。是非この機会に、世界に発信される新しい日本文化を体感してください。

パリ展について、詳しくは、こちらをご覧ください
http://www.art-brut.jp

主催=(社福)滋賀県社会福祉事業団、ボーダレス・アート・ミュージアムNO-MA /共催=アメニティ・ネットワーク・フォーラム実行委員会、全国地域生活支援ネットワーク
後援=(社)日本精神科看護技術協会 / 協力=NPO法人はれたりくもったり
助成=日本財団

※「全国から集結したアトリエによるトークセッション」の詳しい内容は別途掲示いたします。
※プログラムの変更や講師の入れ替えなどもあり得ます。どうぞご了承ください。

アメニティー・ネットーワーク・フォーラムとは?
地域で暮らす障害のある人とその家族に使い勝手のいい生活支援サービスを普及するために、1998年から開催されているフォーラムです。介護負担の軽減のためだけでなく、障害のある人本人やその家族が地域でより快適で豊かな生活を実現するために必要なサービスのあり方と、その提供のしくみづくりを提案してきました。毎年、全国から1000人を超える参加者があります。

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ