ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

オープン・プレ企画(2) 滋賀の粘土造形 [笑ふ土]

2003年11月1日(土)~11月24日(月)

滋賀県の障害者福祉現場では、戦後間もないころから粘土を使った造形表現活動が始められていた。そのころヨーロッパでは、今でいうアウトサイダー・アートが精神病院などを中心に発見されつつあった。福祉施設の活動としてはほとんど前例のない日本においても、共時的にそういう活動が起こっていたことは興味深い。その活動と精神は「教育」と「芸術」の間を行き来し、時代と共に少しづつ変遷し、思考を重ねつつ今日にいたっている。言語表現の苦手な知的障害のある人たちが、自由を謳歌するかのように表現した粘土造形は、私たちを圧倒し、細胞の深部にえもいわれぬ心地よい振動を与えてくれる。

滋賀県の障害のある人たちの作品約40点を展示。

  • →イベント
会場かわらミュージアム(滋賀県近江八幡市多賀町738-2)
開館時間9:00~16:30 ※入館は16:00まで
休館日11月4日(火)、10日(月)、17日(月)
観覧料一般300円、中・小学生200円(料金はかわらミュージアムの入館観覧料)

展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

イベント

シンポジウム

「アートと福祉の交差点」
日時:11月23日(日)14:00~15:30
場所:かわらミュージアム
シンポジスト:
小暮宣雄(京都橘大学文化政策学部助教授)
服部 正(兵庫県立美術館学芸員)
山田宗寛(社会福祉法人おおつ福祉会唐崎やよい作業所指導員)
コーディネーター:はたよしこ

人、街、暮らし、アートなどをテーマに、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAな文化社会とアートのあり方について、様々な観点から考察する。

 

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

第18回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2021年(令和3年)11月27日(土)~ 12月26日(日)  後期:2022年(令和4年)1月8日(土)~ 2月6日(日)

県内福祉施設等とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画する展覧会「滋賀県施設・学校合同企画展ing… ~障害のある人の進行形~」は、本年で18回目を迎えます。
障害のある人の日々の生活に寄り添う支援者ならではの目線で展示を構成した本展は、滋賀県内の障害のある作者30人の作品を2期にわたりご紹介します。
展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援者と関わり合う時間が凝縮されています。日々生み出される、作者の現在進行形の表現を、ご堪能ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ