ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

  • HOME
  • > NO-MA展覧会情報
  • > 滋賀県施設合同展 ing・・・障害のある人の進行形 ~新たに現る滋賀の造形と絵画~

これまでの展覧会

滋賀県施設合同展 ing・・・障害のある人の進行形 ~新たに現る滋賀の造形と絵画~

2004年10月1日(金)~10月31日(日)

 滋賀県では、障害のある人たちの造形や美術活動が古くから各施設で取り組まれてきました。
制作された作品は各施設単位の展覧会をはじめ、「土と色展」「あふれる希望の芸術展」など
の共同展が発表されてきました。
 今も滋賀の施設では、次々と新しく作品が生まれます。それらを目の当たりにする現場のスタッフたちが中心となり、「ing…障害のある人の進行形」展を開催することとなりました。この夏、ボーダレス・アートギャラリーNO-MAでの展覧会第2弾として、県内をはじめ全国に向けて現在進行形の新しい造形活動を発信して行きたいと考えています。秋晴れの快い、懐かしい町並みが残る近江八幡をそぞろ歩きにお越し下さい。

  • →イベント
会場ボーダレス・アートギャラリーNO-MA
開館時間2004年10月1日(金)~10月31日(日)
休館日月曜日
観覧料200円
主催:滋賀県施設合同企画展実行委員会、滋賀県社会福祉事業団
協賛:近江八幡商工会議所、近江八幡商店街連盟、たねや

参加施設:ステップ広場ガル、湖北寮、あかね寮、にぎやか塾、彦根学園、近江学園、やまなみ工房、信楽青年寮、唐崎やよい作業所、やまびこ作業所、さくらはうす、ひまわりはうす、藤美寮、もみじ寮・あざみ寮、社会就労センターこだま、ワークセンター・デイセンターバンバン

展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

イベント

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ