ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

滋賀の若手アーティストとギャラリー所蔵作品展 家の匂い

2006年4月5日(水)~4月23日(日)

2006年春の企画展として、滋賀の若手アーティストと所蔵作品を展示しております。

「おばあちゃんの家の匂い」
成安造形大学で学ぶ3人の学生は、去年の秋の企画展「モノと思い出~記憶の指標としてのアート」の出展作家、しばたゆり氏の授業を受けている。「NO-MAでどういう展示をしたいか?」しばた氏の問いかけに「おばあちゃんの家の匂いがする」和みの空間を演出する展示にチャレンジした。

「極私的祈りの詩歌画」
岩崎司氏(2005年他界)の詩歌画はNO-MAの開設記念展「私あるいは私」への出展を機にギャラリー所蔵となった。精神病院の暮らしで、手近な材料を使って表現し、心の苦闘と怒りを沈静させながら、祈りのように制作されたのである。今展では、未公開作品を含む約40点をギャラリー1階に展示。

  • →イベント
  • →作家・作品情報
会場ボーダレス・アートギャラリーNO-MA
開館時間10:00~17:00
休館日月曜日
観覧料一般200円、高大生150円、中学生以下無料

展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

関連イベント

ギャラリーミニコンサート

日時:4月23日(日)午前11時~11時30分
出演:太田新子さん(守山市・ポプリン作業所)
※観覧料で参加いただけます。

 

出展作家

比嘉花恵(成安造形大学)

おとうさん(2005年)

子どもの頃、お父さんのひざの上で甘えていた。その時の感触、気持ちよさは忘れられない。大人になってしまった今感じることができたら…そして、少しだけ、ホッとした気持ちになれたら。思い出になってしまったことを、この作品から体感してもらいたい。

松澤芳子(成安造形大学)

やってしもた!(2006年)

洗濯物が干してあることに強く生活を感じる。たとえば若い男性はズボンと一緒に、ポケットに入れていた紙幣やレシートなども洗ってしまった。しかたがないからズボンと一緒にも干すしかない。こんな光景を想像して、人が暮らしていた頃のNO-MAの再現を試みた。

中島あずさ(成安造形大学)

生き物1(2005年)

“椅子のようなオブジェシリーズ”椅子は、人が座るものだから、体の形に沿っている。背もたれがあって、脚がある。頭があって胴があって足がある、まるで生き物のように見えてくる。杉の大木を彫込んだ約200㎏の大作である。

眞野丘秋

「UTSU filter」番外編(2006年)

「声を出すことも出来ない、身をかがめて撮ることもできないという状況の中、なんとかシャッターを押し続けました」(ホームページより)眞野氏は、「うつ病」による1年半の生活を経て、毎日歩くリハビリをしながら撮りためた写真を一冊の写真集にまとめている。(UTSU filter・新風舎刊)今展では、未発表の作品約130点を展示。

岩崎司(NO-MA所蔵作品)

無題(2003年~2004年頃)

精神を病んで入院生活になるまでは市会議員も努めていた。彼の唯一の私物である、病院のベット一つの空間で洪水のようにあふれ出るイメージを、身辺で入手でき得る最小限の材料を使って表現している。心の苦闘と怒りを沈静させながら、祈りのような作品である。

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ