ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 「Bem-vindo(ようこそ)NO-MA!」の動画が完成しました!

お知らせ

「Bem-vindo(ようこそ)NO-MA!」の動画が完成しました!

お知らせ一覧に戻る

2022年7月5日、滋賀県愛荘町にある、サンタナ学園というブラジル人学校に通う子どもたちをNO-MAの企画展「反復と平和ーー日々、わたしを繰り返す」にご招待しました。

サンタナ学園に通う子どもたちは、ポルトガル語を母語としています。
日本語が話せない子も少なからずいます。
子どもたちの前にそびえる言葉の壁は、地元の学校や、コミュニティに参加することを困難にしています。
日本語圏の文化が、その手に届きづらい状況が、そこにはあるといえます。

展覧会にサンタナ学園の子どもたちを招いたのは、「Bem-vindo(ようこそ)NO-MA」と題したNO-MAのイベントの一環です。
私たちと地域で共に暮らす子どもたちとNO-MA、そしてアーティストの金仁淑(キム インスク)さんがアートを通じて出会い、交流するためのイベントでした。
子どもたちにはポルトガル語通訳を介して、学芸員による解説付きで展覧会を鑑賞してもらいました。
そして、それぞれが感じた作品の見どころを、お互いが撮影するカメラに向けて話してもらいました。

このイベントを考案し、ファシリテーターを務めた金仁淑さんは、自身も複数のナショナリティーを横断しながら生き、アーティストとして向き合い、作品として表現してきました。
金仁淑さんプロデュースのもとで、カメラの前に立つのがノリノリな子も、ちょっとシャイな子も、みんなが自分の言葉で作品の魅力を伝えてくれました。

参加している子どもたちはSNS世代で、セルフィー(カメラの自撮り)がとても上手な子もいます。
そんな彼らと交流しながら、金仁淑さんとNO-MAのスタッフもその姿を記録しました。
この記録と彼らが収めた動画を集めて金仁淑さんは編集作業を行い、みんなの出会いが詰まった映像作品が誕生しました。
ぜひ、彼らのセルフィーテクニックにも注目しながら、子どもたちのにぎやかな声のあふれる楽しい交流の様子をご覧ください。

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ