ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 貸し館「けいちゃんの卒業展&絵本「だちょう」の原画展」【終了】

お知らせ

貸し館「けいちゃんの卒業展&絵本「だちょう」の原画展」【終了】

お知らせ一覧に戻る

「第7回滋賀県施設合同企画展 ing… 障害のある人の進行形」終了後、以下の貸し館を開催いたします。

脳梁欠損という脳に重い障害を持つ子と9年間関わった家庭教師が彼の卒業を機に今までの作品を展示します。

「けいちゃんの卒業展&絵本「だちょう」の原画展」
会 期:2011年1月20日(木)~2月2日(水)(最終日は15時まで)
休 館:毎週月曜日
時 間:10時~17時
入館料:無料
※通常のNO-MA開館時間と異なりますので、お気をつけください。

小嶋桂介(こじま けいすけ)
1992年10月3日生まれ
滋賀県立三雲養護学校高等部在学中

(以下、展覧会DM抜粋)

脳梁欠損という脳に重い障害を持つ小嶋桂介君(けいちゃん)と出会って9年が過ぎました。けいちゃんとの時間は笑いあり、涙あり、夢あり、感動あり。。。。。
いよいよ4月からは社会人です。
けいちゃんと共有した時間を皆さんに見ていただきたいと思います。(池本たまき)

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

企画展 「反復と平和――日々、わたしを繰り返す」

2022年(令和4年)4月29日(金)-7月31日(日)

「平穏無事」「やはり家が一番」「いつもの味」等々、わたしたちは、しばしば、世界が変わらずに繰り返されることと、心の安寧とを、同じように考えることがあります。
しかしながら、実際には1日たりとも同じ日などないように、世界とは本来、常に変化を続ける時空間です。
馴染みの書店の閉店から、未曽有のパンデミックまで、変化は様々な形で表れ、わたしたちの日々を乱していきます。
そんな中にあって、わたしたちは同じことを繰り返すことへの志向を持ち、常同的世界の創造に、平穏な日々を支える足場の役割を与えようとします。

「反復」に「平和」を見る―
それはいったいいかなる人間的な行為なのでしょうか。
本展では「繰り返し」をテーマに7人の作者の表現を紹介します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ