ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

お知らせ

地域交流事業「農ライフ農アート」展開催!【終了】

お知らせ一覧に戻る

「農ライフ農アート展」

【開催期間】2011年2月8日(火)~2月13日(日)
【開催時間】11:00~17:00
【展示会場】ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
〒523-0849 滋賀県近江八幡市永原町上16(旧野間邸)
【観覧料】無料

この一年、シードボール・シードペーパーづくりに始まり、かかしづくりや、農家の人に話を聞き探検する中で生まれたKIKIGAKIコラージュなど、「農」と「アート」をテーマに様々なアートプログラムを実施してきました。農ライフ農アート展はその集大成です。自然と人、生きることをアートによって昇華した農空間をぜひご体感ください。

【関連イベント】
ディスカッション
・地元学で読み解く農ライフ・農アート
井上政美(やさい工房INOUE)、河合嗣生(ランドスケープデザイン・アトリエ風)、清原久美子(ライター)
日時:2011年2月12日(土) 13:30~14:30
定員:20人 参加費:無料(要予約)

トーク
・地域交流とアーツ―「まちつかい」はいまどうですか?―
藤浩志(アーティスト)、小暮宣雄(京都橘大学教員)
日時:2011年2月12日(土) 14:45~16:00
定員:20人 参加費:無料(要予約)

ライブ
・近江ビビンバクラブ
日時:2011年2月12日(土) 16:30~17:30
定員:20人 参加費:無料(要予約)
紹介文:60年代・70年代のフォークソングに社会的メッセージをこめて人々の連帯
といのちの再生をよびかける役者キム・キガンととりいしん平のユニット。
今回 浅小井小唄を再生!!

カフェ
・まったり農カフェ~農とアート・くらしに思いを馳せ、あたたかくまったりとしたひととき
日時:2011年2月12日(土)・13日(日)
場所:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 2階

主催:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、((社福)滋賀県社会福祉事業団)
後援:近江八幡市、近江八幡市教育委員会
協力:曳山とイ草の館、やさい工房INOUE、ランドスケープデザイン・アトリエ風
助成:日本財団

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ