ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

お知らせ

芸術祭「ちかくのまち」会場映像公開

お知らせ一覧に戻る

2020年の秋に開催した「ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのまち」の会場の様子を、映像でお届けします。
感覚を刺激する10組の魅力的なアーティストの作品と、町の景色や音を、“ちかくのまち”をめぐるように、ゆるりとお楽しみください。

【ダイジェスト版(1分4秒)】

【フルサイズ版(18分15秒)】

芸術祭「ちかくのまち」の詳細はこちらから
https://www.no-ma.jp/town_of_perception

[会期] 2020年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
[会場と出展者]
・ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
杉浦篤、ヤマガミユキヒロ、武友義樹×福留麻里、平野智之
・奥村家住宅
魲万里絵×谷澤紗和子、米田文、ドゥイ・プトロ×ナワ・トゥンガル
・近江八幡市安土B&G海洋センター
小西節雄
・よしきりの池
武友義樹、久保寛子、坂本三次郎×椎原保

[主催] アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
構成団体:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー[GLOW])、滋賀県、滋賀県立近代美術館、近江八幡市、一般社団法人近江八幡観光物産協会、国立大学法人滋賀大学、NPO法人はれたりくもったり、滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会
[後援] 滋賀県教育委員会、近江八幡市教育委員会
[助成] 令和2年度文化庁 地域と共働した博物館創造活動支援事業

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ