ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 東京芸術大学大学美術館で特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」開催中!

お知らせ

東京芸術大学大学美術館で特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」開催中!

お知らせ一覧に戻る

7月23日(木・祝)から9月6日(日)まで東京藝術大学大学美術館で特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」が開催されています。出展作家25名、約200点のボリュームで、多様な表現に出会うことのできる展覧会です。
本展には、NO-MAにも展示されたことがある、多くの作家が出展されています。

 

(NHK公式サイトはこちらから)
https://www.nhk.or.jp/event/art2020/

 

「あるがまま展」の公式サイトでは、スペシャルコンテンツが充実しています。
「ロボ鑑賞会」「バーチャル展覧会MAP」で、ネット上で展覧会を楽しむことができたり、NHKで放送中の「no art, no life」、「人知れず表現し続ける者たち」の動画コンテンツを観て、作家の背景に知ることができます。

 

(あるがまま展 スペシャルコンテンツはこちらから)
https://art-as-it-is.jp/

 

今後、NHK ETVの「日曜美術館」など、地上波でも紹介される予定です。

 

最新情報は、「あるがまま展 公式Facebook」をご覧ください。
https://www.facebook.com/arumama20

 

【開催概要】
名称:特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」
会期:2020年7月23日(木・祝)-9月6日(日)
開館時間:10:00-17:00(最終入場は16:30) 入場無料/予約制
休館日:月曜日、8月11日(火)ただし、8月10日(月・祝)は開館
場所:東京藝術大学大学美術館(〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8)
主催:東京藝術大学、NHK、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
共催:障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会
協力:アール・ブリュットネットワーク
助成:公益財団法人 一ツ橋綜合財団

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ