ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > “ボーダレス・エリア近江八幡”をみんなで作るプロジェクト サポーターを募集します

お知らせ

“ボーダレス・エリア近江八幡”をみんなで作るプロジェクト サポーターを募集します

お知らせ一覧に戻る

一緒に展覧会を作り上げていただく3通りのサポーターを募集しています。

ご応募お待ちしております。

この秋、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAと近江八幡市の複数会場で開催する芸術祭を、一緒に作り上げていただくサポーターを募集します。

来場者や他のサポーターとの交流も魅力です。

あなたも、芸術に触れ、近江八幡の魅力を伝えませんか?

“ボーダレス・エリア近江八幡”をみんなで作るプロジェクトとは
障害のある人が芸術文化を鑑賞することや創作することを地域の人達とともに促進することを通じて、誰もが芸術文化に触れることができる環境を作り、地域全体を繋げていくプロジェクトです。



サポーター募集チラシのダウンロードはこちらから
申込用紙のダウンロードはこちらから

【展覧会について】
ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのまち
会期:2020年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
会場:NO-MA、近江八幡市内の複数会場

アートを鑑賞し、近江八幡の町を探訪することを通じて、私達の中にあるさまざまな「知覚」を巡る芸術祭です。過去の芸術祭よりもエリアを広げて展開することで、近江八幡にあふれる多様な魅力を発信します。

参加のアプローチは3通り!
1.「エデュケーション・サポーター」
2.「NO-MA記者クラブ」
3.「会場ボランティア」
※すべてに参加してもOk

活動期間:2020年9月~12月(サポーターによって異なります)
活動場所:NO-MA(近江八幡市永原町上16)、近江八幡市内の複数会場
応募締切:2020年8月21日(金)
申込用紙に必要事項をご記入のうえ、FAX、メール、または郵送でお申し込みください。
※国籍、性別、資格・経験の有無などすべて不問です。
※活動期間中は、ボランティア保険に加入します。保険の適用は会場での活動時間内です。

【お問合せ/お申込み用紙送付先】
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会事務局
(社会福祉法人グロー[GLOW]~生きることが光になる~ 法人本部企画事業部)
〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦4837-2
TEL:0748-46-8100(平日10:00~17:00) FAX:0748-46-8228 MAIL:kikaku@glow.or.jp

1.教育普及プログラムを一緒に作る「エデュケーションサポーター」
教育普及プログラムの企画制作を一緒に行うサポーターを募集します。芸術祭を舞台とし、人々がアートと出会い、その魅力を楽しみ、理解を深める、そんな学びの場を一緒に作ります。



※写真はイメージです。

○活動の内容・条件等
・活動場所:NO-MA、近江八幡市内各所
・活動内容:エデュケーション・サポーター会議の開催(全4回)、教育普及プログラム(イベント)の実施(1回) 計5回
・活動日:会議の開催 2020年9月26日(土)、10月3日(土)、10月24日(土)、11月7日(土)
     イベントの実施 11月21日(土)
・応募条件:高校生以上、イベント実施日に参加可能な方
※応募者多数の場合は活動日数の多い方を優先して受け付けます。
・募集定員:5名
・交通費:支給有(上限3,000円、源泉所得税含む)

2.作品や町の魅力を伝えたい「NO-MA記者クラブ」
作品や町の魅力を発信する記者クラブの参加者を募集します。アートに触れ感じたことや、地域のユニークな魅力を、あなたの言葉で記事にして、広く発信していただきます。文章の書き方や撮影のコツなど、事前にレクチャーもあるので、安心して参加いただけます。



○活動の内容・条件等
・活動場所:NO-MA、近江八幡市内各所
・活動内容:編集会議への参加(期間中2回実施)、取材、撮影、記事の執筆等
・活動期間:2020年9月~12月
※取材日は第1回編集会議で調整を行います。展覧会期中に取材活動をしていただきます。
・応募条件:高校生以上、編集会議への参加が可能な方
・募集定員:10名
※応募者多数の場合は抽選とします。
・編集会議:【第1回】9月19日(土)近江八幡市内 【第2回】12月5日(土)近江八幡市内
※2回の編集会議への出席は必須となります。
・交通費:支給有(上限3,000円、源泉所得税含む)
※編集会議2回分、取材日3回分までが支給対象です。
・アドバイザー:北村哲夫氏(京都新聞社メディア局長)

3.来場者と作品、町の魅力を繋ぐ「会場ボランティア」
来場者をお迎えして、受付対応や展示内容などをご案内するボランティアを募集します。来場者や他のサポーターとの交流も、この活動の楽しさです。事前研修(参加必須)で展覧会や活動の内容をお伝えします。わかりやすいマニュアルも用意しているので、安心してご参加ください。



○活動の内容・条件等
・活動場所:展覧会場(近江八幡市内)
・活動内容:館内清掃、展示作品の安全確認、受付(チケット確認)、会場監視、展示説明など
・活動期間:2020年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
※月曜日(祝日の場合はその翌日)は休催のため除く。
・活動時間:①午前(10:30~13:30)、②午後(13:30~17:30)、③終日(10:30~17:30 ※昼休憩1時間含む)
※①~③の時間をシフトにあわせてご希望いただけます。
・応募条件:高校生以上、下記研修会への参加が可能な方
※応募者多数の場合は参加いただけないことがあります。
・謝金:午前のみの場合:1,250円、午後のみの場合:1,750円 終日の場合:3,000円(いずれの場合も源泉所得税含む)
・交通費:支給なし
・事前研修:事前研修への参加(1回)は必須となります。
  ①2020年9月18日(金)13:00~17:00
  ②2020年9月19日(土)13:00~17:00
※研修日の謝金の支給はありません。
・その他:昼食は各自でご用意ください。

各種資料については、下記からダウンロードください。
サポーター募集チラシのダウンロードはこちらから
申込用紙のダウンロードはこちらから

クラウドファンディングで近江八幡の町をバリアフリーに!

NO-MAのある近江八幡の町をバリアフリーにする取り組みを、クラウドファンディングで応援します。芸術祭に訪れた誰もが町歩きを楽しんでもらえるように、商店のメニューのバリアフリー化に取り組みます。

※詳細は、決まり次第お届けします。

ボーダレス・エリア近江八幡アカデミー 開講!
アート・福祉・地域をもっと知りたい!に応える

芸術祭の出展作品についての解説に加え、アート・福祉・地域などについての専門家による講義を行います。また、この芸術祭を今後も続けていくための意見交換会も実施し、ボーダレス・エリアの考えを深めていきます。

サポーターにご参加される方は、ぜひアカデミーにもご参加ください。なお、オンラインでの受講も受け付けます。詳細は決まり次第、お届けします。

【お問合せ/お申込み用紙送付先】
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会事務局
(社会福祉法人グロー[GLOW]~生きることが光になる~ 法人本部企画事業部)
521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦4837-2
TEL:0748-46-8100(平日10:00~17:00) FAX:0748-46-8228 MAIL:kikaku@glow.or.jp

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

Co-LAB #1,2,3

#1 2020年5月30日(土)~6月28日(日) #2 2020年7月4日(土)~8月2日(日) #3 2020年8月8日(土)~9月6日(日)

本展「Co-LAB #1,2,3」は、2人展を3期に分けて開催する展覧会のシリーズです。Co(共に)とLAB(研究室)をかけた造語で、「こーらぼ」と読みます。
本シリーズでは、NO-MAをラボに見立て、会期ごとに「#1 Symbol(象徴)」、「#2 Drawing(描くこと)」、「#3 Image(像)」といった各ペアの表現に通底するテーマを設定しています。互いの作品の共通性と差異性を行ったり来たりしながら見ていただき、2人のアーティストの芸術性を相乗的に味わう展覧会シリーズです。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ