ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

生きものバンザイ!

2007年8月3日(木)~9月24日(月・祝)

1930年に建築された野間邸が、2004年改築され、ミュージアムになった。
それまで野間家の人々が一家団らんを過ごしてきたその建物は、2007年夏、生きものたちに占拠された。
そして、そこは「生きとし生ける物たち」が必ず持ち得ている<生のエネルギー>に満ち溢れていた。

  • →イベント
  • →作家・作品情報
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間10:00~17:00
休館日月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
観覧料一般300円、高大生250円、中学生以下無料
主催:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団)
協力:信楽青年寮、バンバン、近江学園、武庫川すずかけ作業所

展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

関連イベント

あべ弘士お話し会

日 時:2007年9月5日(水)18:00~19:30
会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
定 員:30名
参加費:500円

本展の出展作家のあべ弘士氏をお迎えして「お話し会」を開催します。
動物たちがくりひろげる愉快で不思議な動物園の裏話は抱腹絶倒!

 

作家紹介

赤松キミコ Akamatsu Kimiko

京都府出身。造形作家。グラフィックデザイナーとして活動の後、25年前から造形作家に転向。滋賀県湖南市にアトリエを設け京阪神を中心に個展の発表を重ねている。木材や針金などの素材を使い大小さまざまでユニークな造形を制作し続けている。

あべ弘士 Abe Hiroshi

北海道出身。絵本作家。72年から25年間旭川市旭山動物園飼育係を務める。ゴリラ、インド象、猿、スカンクなど、さまざまな動物とつき合う。「旭山動物園日誌」「おっとせいおんど」大人気の絵本「あらしのよるに」「まんげつのよるに」など著作多数。

井上信太 Inoue Shinta

大阪府出身。平面作家。平面の解放を基本理念に平面空間の可能性を追求している。  1997年よりアートワーク「羊飼いプロジェクト」がスタートし、顔のない4本足の生き物が描かれたパネルを、自然や都市のパブリックスペースに放牧(設置)してその空間全体を平面作品として制作する。

浅尾政行 Asao Masayuki

滋賀県出身。普段は児童施設から養護学校の高等部に通っている。余暇の時間に折紙の制作を始め、いつの間にか動物図鑑などを見ながらオリジナル作品を創るようになる。極小の折り紙動物は現在100点以上にもおよぶ。

石原雄太 Ishihara Yuta

兵庫県出身。普段は自宅から養護学校の高等部に通っている。毎月1回開催されている市内のアトリエ「すずかけ絵画クラブ」に参加し、造形活動を行っている。紙を継ぎ足しながら形を追いかけ躍動感に満ちた生き物を描いている。

大江正章 Oe Masaaki

兵庫県出身。入所施設で数十年間暮らし、50歳半ばを過ぎたころより、本格的に陶芸による造形活動に没頭する。作品はこれまでに個展を始め数多くの展覧会に出展され、不思議でリアル可愛い動物達は人気がある。

山際正己 Yamagiwa Masami

滋賀県出身。普段は通所施設に通い、陶土造形などの造形活動に取り組む一方、地域で行われている「アトリエ」に通い、絵画制作に取り組む。くりかえし描かれ続ける「微妙に違う同じ形のいきもの」はユーモラスな魅力。

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

第19回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2022年11月26日(土)~ 12月25日(日)  後期:2023年1月7日(土)~ 2月5日(日)

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から続く「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、今回で19回目を迎えます。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、33名による作品を展示します。
作者の表現に迫ろうと考えを巡らし、思いを馳せ、また、議論を交わすことで構成された展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援員と関わりあう時間が凝縮されています。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ