ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

  • HOME
  • > ブログ
  • > #2稲田萌子さんの作品を追体験「ぐるぐるドローイング」

May

29

#2稲田萌子さんの作品を追体験「ぐるぐるドローイング」

カテゴリー: ブログ |

常設&リモートワークショップ「Co-LABアーティストの制作を体験しよう」
展覧会に来ることが出来ない人に「Co-LAB #1,2,3」展をご自宅で知ってもらい、楽しんでいただくため、「おうちでCo-LAB」というイベントのシリーズの第2弾!

#2 稲田萌子さんの作品を追体験「ぐるぐるドローイング」
家にある紙と色鉛筆で、稲田さん風のドローイングを描きます。好きな音楽を口ずさみながら描くと、なお稲田さんらしくできあがります。

稲田萌子 Inada Moeko
円や点で構成される稲田さんの絵画は、淡い色彩が印象的で、どことなくあたたかみが感じられます。稲田さんが気に入っている動作――ぐるぐると色鉛筆を紙の上で回したり、紙の上に綿棒をポンポンと打ち付けたり――を経て、絵が生まれていきます。同じ動作を繰り返す「楽しみ」こそが、稲田さんと絵を繋いでいるといえるでしょう。


無題 (2019)

≪用意するもの≫
・画用紙等の紙(おすすめは四つ切サイズ)
・色鉛筆
※もしイーゼルがあれば、立てかけて描くと
 稲田さんの描き方をさらに体感できます。

≪描き方のススメ≫▶▶▶動画での創作のススメはこちらをご覧くださいhttps://youtu.be/PXJh7Ov3YUE

(1)紙に向かい合います

心に思い浮かぶ色はどんな色?

(2)色鉛筆で画面いっぱいに円を描きましょう

色鉛筆の芯は、あっという間に削れていきます。
同系色で違う色を重ねるか
鉛筆を削って同じ色を重ねるか
お好みに合わせてください。

ちなみに、稲田さんはよくお気に入りの歌をくちずさみながら描かれるそうです。


(3)終わりを決めましょう

描き続けると、色鉛筆が紙に塗り重ねられ、鉛筆がこすれる音が変わります。
まるで色鉛筆の道ができたよう。
どこまで描き続けるかは、あなた次第です。
「ここまで」と決めたところで終わりましょう。

≪みんなの作品投稿フォーム≫
描き終えた作品は、ぜひ投稿フォームにアップしてください。NO-MAのブログやSNSにアップまたは館内に掲示させていただきます。

 投稿フォームはこちら
 https://formok.com/f/2dp8k2xj

コメントは受け付けていません。