ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

アール・ブリュット ―日本人と自然―

2020年2月7日(金)~9日(日)

人が持つ揺るぎのない表現欲求に気付かせてくれるアール・ブリュット。
多彩な方法により生み出される作品には、この世界を構成する万物の色、音、風景などが凝縮した形となって溢れています。
本展はアール・ブリュットの視点を通じて、「日本人と自然」を紹介する展覧会です。
また、海外の作品を同時並列に展示することで、日本の作品の特色や魅力を浮かび上がらせます。


※ 本展は、「東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルーグランドオープニングー」において実施される展覧会です。

「東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルーグランドオープニングー」URL
https://artbrut-creation-nippon.jp/

  • →イベント
会場びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール淡海8・9(滋賀県大津市におの浜4-7-7)
開館時間9:00~19:00(最終日は14:00まで)
休館日なし
観覧料単独チケット 500円(当日限り有効)※障害者の文化芸術フェスティバルーグランドオープニングーの他関連イベント(当ページ下部参照)にも参加可能な3日間共通パスポートは2,000円

■出展者
青木尊、井口直人、上村空、加茂賢一、木村茜、木村佑介、五井雅人、後藤春枝、坂本三次郎、佐藤純二郎、城瑠那子、菅原章、スパラーク・サンサイ、高橋和彦、滝瀬新、Takeuchi Tomoaki、田湯加那子、ドゥイ・プトロ、飛田司郎、戸舎清志、中嶋千晶、西川智之、濱中徹、平野智之、藤井将吾、藤橋貴之、冬澤千鶴、松本孝夫、美濃部責夫、谷内英理菜、吉田格也、与那覇俊、ワン・フア

「東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルーグランドオープニングー」
■主 催
文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障害者の文化芸術活動を推進する全国ネットワーク、障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会
■共 催
滋賀県、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障がい者の芸術文化活動推進知事連盟
■連 携
厚生労働省
■後 援
外務省

※期間中、「アメニティーフォーラム24」、「アール・ブリュットネットワークフォーラム2020」等も同会場で開催されます。

■会場へのアクセス
びわ湖大津プリンスホテル
〒520-8520滋賀県大津市におの浜4-7-7
・JR東海道本線「大津駅」から⇒
無料シャトルバスで約10分/有料バスで約20分(なぎさ公園線)/タクシーで約10分/徒歩で約30分
・JR東海道本線「膳所駅」、京阪石山坂本線「京阪膳所駅」から⇒
タクシーで約6分/徒歩で約20分
・JR湖西線「大津京駅」から⇒
タクシーで12分

車をご利用の場合
・名神高速道路「大津I.C.」から3.7km(平常時約10分)
・京滋バイパス「石山I.C.」から422号経由で6.9km(平常時約15分)

■お問い合わせ 障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会事務局(社会福祉法人グロー[GLOW])
       521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦4837-2
       TEL 0748-46-8100 FAX 0748-46-8228
       Mail: kikaku@glow.or.jp

東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルーグランドオープニングー

アール・ブリュットワールドフォーラム

世界各国からアール・ブリュット等の推進に取り組む実践者を招へいし、2020年以降の国際的なネットワーク構築に向けての議論、その成果を広く国内に発信します。

日 時:2020年2月7日(金)11:00~/2月8日(土)9:15~
会 場:びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール淡海10
料 金:3日間共通パスポート 2,000円/単独チケット 500円(当日限り有効)
    ※手話通訳及び要約筆記、同時通訳あります。

https://artbrut-creation-nippon.jp/

障害者の舞台芸術 見本市 −人はなぜ歌い踊るのか−

全国各地の障害のある表現者たちが「人はなぜ歌い踊るのか」をテーマにパフォーマンスを行います。

日 時:2020年2月8日(金)11:00~/2月9日(土)13:30~
会 場:びわ湖大津プリンスホテル 《 プリンスホール 》
料 金:3日間共通パスポート 2,000円/単独チケット 500円(当日限り有効)
    ※音声ガイドシステム、選べる車椅子席あります。

https://artbrut-creation-nippon.jp/

バリアフリー映画祭2020

目や耳が不自由な人たちが、人生を豊かにする娯楽のひとつである映画の鑑賞に親しめるよう映画のバリアフリー化に取り組み始めて15年が経ちます。
この間UDCastという映画の新しい鑑賞技術を開発し、手持ちのアイフォンやメガネ型端末などを使って、バリアフリー字幕だけでなく多言語字幕や音声ガイドを同期させ提供する仕組みも定着してきました。そして今や、バリアフリー映画は映画の未来型のひとつとして、映画表現をより多面的、立体的に深化させるところまで来ています。映画の誕生からまだ125年しか経っていないその浅い歴史を振り返ってみても、限りない可能性を持ったものが映画だと考えます。
「バリアフリー」は単なる情報保障の方法ではなく、私たちの文化の明日を拓く思想だと思っています。

(映画祭プロデューサー 山上徹二郎)


日 時:2019年2月7日(金)~9日(日) ※上映時間は、下記タイムテーブルをご確認ください。
会 場:びわ湖大津プリンスホテル 本館2F 《 比叡 》

料 金:3日間共通パスポート2,000円、単独チケット500円(1作品ずつ、当日限り有効)
    ※選べる車椅子席、手話通訳(監督トーク時)あります。

https://artbrut-creation-nippon.jp/

同時開催企画のご案内

<アメニティフォーラム24>
障害のある人のより豊かな地域生活を推進していくことを目的とした大規模な福祉フォーラム。
会期:2月7日(金)・8日(土)・9日(日)
主催:アメニティーフォーラム実行委員会、NPO法人全国地域生活支援ネットワーク
参加費:20,000円(資料代4,000円含む)

■演劇「バリアフリー版ヘレン・ケラー」を観よう
日時:2月7日(金)21:00~24:00/2月8日(土)13:30~16:30
主催:文化庁、Palabra株式会社
協力:東京演劇集団風、特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)、特定非営利活動法人バリアフリー映画研究会、アーツサポ東京、アメニティーフォーラム実行委員会、社会福祉法人グロー[GLOW]、2020年オリンピック・パラリンピックに向けた障害者の文化芸術活動を推進する全国ネットワーク
入場料:無料【要予約・先着順】
お申し込み先:Palabra株式会社(パラブラ株式会社)
       TEL: 03-5937-2231 FAX: 03-5937-2233

■きたやまおさむ CD/レコードコンサート~歌いながら考える~
日時:2月8日(土)20:00~21:30(19:15開場)
入場料:無料
※アメニティフォーラム参加者はアメニティフォーラム参加証(名札)の呈示で入場いただけます。
※事前申し込み(予約)は不要です。直接、会場までお越し下さい。当日、19時よりコンベンションホール1Fで受付を行います。
お問い合わせ:アメニティフォーラム実行委員会事務局
       TEL: 0748-75-8210 FAX: 0748-75-8270

■「アール・ブリュットネットワークフォーラム2020」
アール・ブリュットをテーマに、関係者が集い、ともに語り合うフォーラムを開催。
日時:2月9日(日)【セッション1】10:00~ 【セッション2】11;40~
主催:アール・ブリュットネットワーク(事務局:滋賀県、社会福祉法人グロー[GLOW])
参加費:無料

館外展示・連携企画に戻る

ご展覧会情報

アール・ブリュット ―交差する物語―

2020年2月22日(土)~5月17日(日)

本展で紹介する6人の作者は、生まれた環境も年齢も制作に向かう動機も異なります。しかし、湧き上がる表現衝動を抱き、6者6様に得た着想を“ありのまま”に表す点で深く共鳴しています。高純度に結晶化されたそれぞれの作品は、まるで彼ら自身を伝える物語のようです。
NO-MAを舞台に、紡がれる6人の物語。作者の眼差しの交差が織りなす展示をお楽しみください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ