ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 【特別展「あるがままのアート-人知れず表現し続ける者たち-」記者発表会】

お知らせ

【特別展「あるがままのアート-人知れず表現し続ける者たち-」記者発表会】

お知らせ一覧に戻る

【特別展「あるがままのアート人知れず表現し続ける者たち」記者発表会】 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と同じ時期に、東京藝術大学大学美術館(東京・上野)で開催される特別展の記者発表会が、NHK放送センター内で開かれました。記者発表会場では、NHKのドキュメンタリー番組「人知れず表現し続ける者たちⅢ」の試写会も行われました。

既存の美術や流行、教育などに左右されず、誰にも真似できない作品を創作し続けるアーティストを紹介する同展。主催は東京藝術大学とNHKであり、障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会(事務局:社会福祉法人グロー)が共催となっており、同実行委員会の北岡賢剛実行委員長(グロー理事長)と、同展共同キュレーターである横井悠主任学芸員(グロー、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA)も臨席しました。

写真は左から青柳正規氏(アール・ブリュットネットワーク会長/文化庁前長官)、横井主任学芸員、北岡理事長、秋元雄史氏(東京藝術大学大学美術館館長/同展キュレーター)、矢吹寿秀氏(「人知れず表現し続ける者たちⅢ」制作統括/NHK制作局)、伊勢朋矢氏(「人知れず表現し続ける者たちⅢ」番組ディレクター)。

展覧会の会期は723日(木・祝)~96日(日)、展覧会の詳細は順次専用サイトにアップされます。

https://www.nhk.or.jp/event/art2020/

※「人知れず表現し続ける者たちⅢ」放送予定

1月26日(日)BSK 20002059

2月1日(土)Eテレ 23002359ETV特集)

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

第18回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2021年(令和3年)11月27日(土)~ 12月26日(日)  後期:2022年(令和4年)1月8日(土)~ 2月6日(日)

県内福祉施設等とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画する展覧会「滋賀県施設・学校合同企画展ing… ~障害のある人の進行形~」は、本年で18回目を迎えます。
障害のある人の日々の生活に寄り添う支援者ならではの目線で展示を構成した本展は、滋賀県内の障害のある作者30人の作品を2期にわたりご紹介します。
展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援者と関わり合う時間が凝縮されています。日々生み出される、作者の現在進行形の表現を、ご堪能ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ