ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 【特別展「あるがままのアート-人知れず表現し続ける者たち-」記者発表会】

お知らせ

【特別展「あるがままのアート-人知れず表現し続ける者たち-」記者発表会】

お知らせ一覧に戻る

【特別展「あるがままのアート人知れず表現し続ける者たち」記者発表会】 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と同じ時期に、東京藝術大学大学美術館(東京・上野)で開催される特別展の記者発表会が、NHK放送センター内で開かれました。記者発表会場では、NHKのドキュメンタリー番組「人知れず表現し続ける者たちⅢ」の試写会も行われました。

既存の美術や流行、教育などに左右されず、誰にも真似できない作品を創作し続けるアーティストを紹介する同展。主催は東京藝術大学とNHKであり、障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会(事務局:社会福祉法人グロー)が共催となっており、同実行委員会の北岡賢剛実行委員長(グロー理事長)と、同展共同キュレーターである横井悠主任学芸員(グロー、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA)も臨席しました。

写真は左から青柳正規氏(アール・ブリュットネットワーク会長/文化庁前長官)、横井主任学芸員、北岡理事長、秋元雄史氏(東京藝術大学大学美術館館長/同展キュレーター)、矢吹寿秀氏(「人知れず表現し続ける者たちⅢ」制作統括/NHK制作局)、伊勢朋矢氏(「人知れず表現し続ける者たちⅢ」番組ディレクター)。

展覧会の会期は723日(木・祝)~96日(日)、展覧会の詳細は順次専用サイトにアップされます。

https://www.nhk.or.jp/event/art2020/

※「人知れず表現し続ける者たちⅢ」放送予定

1月26日(日)BSK 20002059

2月1日(土)Eテレ 23002359ETV特集)

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ