ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

岩崎司個展 ~大志と正義 そして、それゆえの苦悩~

2008年6月13日(金)~8月10日(日)

 岩手県江刺市に生まれた岩崎司(1928年〜2006年)は、10代から魚屋で働き、42歳に水産加工品仕入れ販売業の有限会社を設立。「世の中を良くしたい」と1967年(39歳)江刺市市議会議員に立候補し、初当選する。その後1979年(51歳)まで議員の役職を務める。岩手県議会議員になる志を抱くが、度重なる借金や奇行などが発端となり、1983年(55歳)病院に入院する。
 1991年(63歳)入院から8年後、ベットの上で絵を描き始める。独自の画風と若いころから好きだった短歌を組み合わせた作品を制作し、2006年 78歳で他界するまで続いた岩崎の創作活動を紹介する。

  • →イベント
  • →作家・作品情報
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間10:00~17:00
休館日月曜日休館
観覧料一般300円、高大生250円、中学生以下無料
主催:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団)
助成:独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業
後援:滋賀県 滋賀県教育委員会 近江八幡市 近江八幡市教育委員会

展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

  写真:大西暢夫
  緑為す大高原に佇まむ 燃ゆる想ひに誰か識るらん
  光りあれ影はいろいろ見るがよし 人はそれぞれ影のみで識る
  (岩崎司作「警醒百五十詠」より)

イベント

岩崎司 鎮魂ライブ

日時 :8月10日 18時開場 18時30分開演
定員 :20名
会場 :ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
参加費:500円(入場料含む)

出演:丸山祐一郎
世界最古の弦楽器と言われるビリンバウの奏者。多種多様な民族楽器、自作楽器でスピリチュアルな音の世界を表現している音楽家です。

   

作品写真

  作品写真 作品写真

  左)「勇士サムソン」(制作年不詳) / 右)「無題」(制作年不詳)
  写真:大西暢夫

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

第18回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2021年(令和3年)11月27日(土)~ 12月26日(日)  後期:2022年(令和4年)1月8日(土)~ 2月6日(日)

県内福祉施設等とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画する展覧会「滋賀県施設・学校合同企画展ing… ~障害のある人の進行形~」は、本年で18回目を迎えます。
障害のある人の日々の生活に寄り添う支援者ならではの目線で展示を構成した本展は、滋賀県内の障害のある作者30人の作品を2期にわたりご紹介します。
展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援者と関わり合う時間が凝縮されています。日々生み出される、作者の現在進行形の表現を、ご堪能ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ