ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

開催中の展覧会

ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのたび

2019年9月21日(土)~11月24日(日)

―会場から会場へと、町とアートを巡る本展は、私たちの中にある一様でない「知覚」を巡る旅でもあります。「あふれる音」、「手で観る世界」、「アーティストの小宇宙」、「気配をつかまえる」、「とある国のお話」、「みんながつくる」、6つのテーマからなるそれぞれの会場では、多彩な表現が私たちの知覚を刺激してくれます。
また、この芸術祭は、「“ボーダレス・エリア近江八幡”をみんなで作るプロジェクト」として実施します。近江八幡の歴史情緒あふれる町並みや趣深い建物への探訪、あるいは芸術祭を支えるサポーターのみなさんとの交流もまた、「ちかくのたび」ならではの旅情です。ゆるりと町を巡り、アートとつながる。あなたの五感は刺激され、思いもよらぬ出会いが訪れるかもしれません。
みなさま、よい「ちかくのたび」をお楽しみください。

  • →イベント
  • →作家・作品情報
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(近江八幡市永原町上16)+近郊5会場(奥村家住宅・岡田家、まちや倶楽部、尾賀商店、寺本邸、展望館)
開館時間11:00~17:00
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)
観覧料<全館チケット> 一般1,000円(900円)、高大生900円(800円) <一館チケット> 300円 ※中学生以下無料 ※障害のある方と付添者1名無料 ※( )内は20名以上の団体料金  チケットはNO-MAと白雲館で販売しています(会期中)。

■次の日程は無料で開館します。
・「八幡堀まつり」10月12日(土) 18:00〜21:00 ※NO-MAと奥村家住宅のみ開催
・「関西文化の日」11月16日(土)、17日(日)

■会場と出展者
<ボーダレス・アートミュージアムNO-MA> 
あふれる音
 音がきっかけとなって展開する情景に思いを馳せます。

  ごまのはえ×芝田貴子/酒井美穂子/脇原大輔×DENKITOMBO

<奥村家住宅、岡田家>
手で観る世界
 触感で掴む、カタチ。指先や手のひらで作品を観てみましょう。

  小原二三夫/久保寛子/佐々木卓也/米田文

<まちや倶楽部>
ミクロコスモス
 作品の細部に宿った、アーティストの小宇宙(ミクロコスモス)に触れます。

  辻智彦×橘高博枝、五則野わらじ、清野ミナ/平野智之

<尾賀商店>
みんながつくる
 ”ボーダレス・エリア近江八幡”をみんなで作るプロジェクトに参画する、
 キュレーションサポーターによる成果展示です。
  ※キュレーションサポーターとは、展示に関するスキルや作品のことを学び、
   展覧会をともにつくるサポーターたちです。

  魲 万里絵/三橋精樹/山﨑健一

<寺本邸>
気配をつかまえる
 説明できない「なにか」。作品と場に潜む、気配をしっとり味わいます。

  谷澤紗和子×藤野可織/藤岡祐機

<展望館>
とある国のお話
 町を一望する景色とファンタジックな世界に浸るひととき。

  瀬尾ひろみ/藤田マサヒロ×seo

■主催
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
構成団体:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー[GLOW])、滋賀県、滋賀県立近代美術館、近江八幡市、一般社団法人近江八幡観光物産協会、国立大学法人滋賀大学、NPO法人はれたりくもったり、滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会
■後援
滋賀県教育委員会、近江八幡市教育委員会
■協力
尾賀商店、沖島町離島振興推進協議会、ギャラリーバーン、NPO法人しが盲ろう者友の会、滋賀県発達障害者支援センター、社会福祉法人しがらき会信楽青年寮、社会福祉法人しみんふくし滋賀、社会福祉法人創樹会、ニットキャップシアター、八幡山ロープウェー、公益財団法人びわこ芸術文化財団、まちづくり会社まっせ、まちや倶楽部、社会福祉法人やまなみ会やまなみ工房、NPO法人La Manoクラフト工房La Mano
■助成
平成31年度文化庁 地域と共働した博物館創造活動支援事業

「“ボーダレス・エリア近江八幡”をみんなで作るプロジェクト」について

NO-MAがある近江八幡を拠点に、誰もが境界なく有機的に交流できる場を形成するための取り組みです。アートを鑑賞することや創作することの楽しさを地域の方々などと共有することを通じて、誰もが芸術文化に触れることのできる環境を作り、地域全体をつなげることを目指しています。

観賞サポート

観賞会の他、本展では、障害の有無に関わらず様々な人たちが安心して展覧会を楽しんでいただけるよう、鑑賞ガイドや音声や触覚的なコンテンツなどを充実させることに取り組みます。
取り組み例 作品に関する音声ガイド、テキスト情報の点訳、触れる展示など

「ちかくのたび」公式ガイドキャラクター 美保さん
平野智之さんが描く「美保さん」が、本芸術祭のガイドキャラクターに任命されました。美保さんは、各会場に現れて作品や建物の情報を教えてくれたり、来場されるみんなを楽しませるために大忙しです。
美保さん、来場者の方々のアテンド、よろしくお願いしますヨ。

関連イベント

「ちかくのたび」アーティストと一緒に創作体験

手でみるカタチの世界


全盲の作家である小原二三夫さんは、これまでに多くの彫刻を制作してこられました。小原さんから、視覚に頼らない世界を捉え、形づくる経験についてお話しいただき、公開制作をしていただいたあと、一緒に創作体験をします。

講師:小原二三夫(本展出展者)
日時:10月5日(土)
   一回目 13:00~14:30
   二回目 15:00~16:30
会場:まちや倶楽部
定員:各回10名(要予約)
参加費:無料

「ちかくのたび」アーティストと一緒に創作体験

ちかくのたびin沖島 「ちょっと琵琶湖の島まで」


出展者の久保寛子さんと一緒に沖島へ渡り散策したあと、島ならではの魅力がつまった作品をつくるアートツアー。琵琶湖、沖島、アートで秋を満喫します。

講師:久保寛子(本展出展者)
日時:10月26日(土) 13:40~17:45
集合/解散:近江八幡駅北口 ロータリー
定員:10名(要予約)
参加費:乗船料(往復)1,000円

障害のある人と作品を体感する鑑賞会

視覚障害のある人、盲ろうの人、発達障害のある人たちと作品鑑賞を行うイベントを開催します。障害のあるなしに関係なく参加いただけます。

「みる・きく・さわる作品鑑賞会」


作品をみて、きいて、さわって、様々な感覚から作品の魅力を感じる鑑賞会です。

講師:広瀬浩二郎(国立民族学博物館グローバル現象研究部准教授)
日時:11月16日(土)13:00~16:30
会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA他
定員:20名(要予約)
対象:目が見えない人、見えにくい人、耳が聞こえない人、聞こえにくい人、ともに鑑賞会を楽しみたい人

障害者芸術文化活動普及支援事業(滋賀県)

盲ろうの人と楽しむ芸術鑑賞会

盲ろうの人とともに「手で観る作品」を鑑賞します。鑑賞後は、身近な素材を使って作品を制作します。

ファシリテーター:NO-MA学芸員
日時:10月18日(金) 13:00~15:00
会場:奥村家住宅他
定員:30名(要予約)
参加費:無料
対象:目が見えない人、見えにくい人、耳が聞こえない人、聞こえにくい人、ともに鑑賞会を楽しみたい人

発達障害の人と楽しむ芸術鑑賞会

参加者同士で作品を味わったり、気分によっては一人で作品世界に浸ったり、町が舞台の展覧会を巡る鑑賞会です。

ファシリテーター:NO-MA学芸員
日時:11月9日(土) 13:30~15:30
会場: ボーダレス・アートミュージアムNO-MA他
定員:20名(要予約)
参加費:無料
対象:発達障害の人、ともに芸術を楽しみたい人

音楽、ダンスが町に溢れる1日!

パフォーマンス・ラボ


滋賀で活躍するパフォーマーやゲストミュージシャンが街中を練り歩き、パフォーマンスを繰り広げます。

出演
大津ワークショップグループ(即興演奏)
湖南ダンスカンパニー(ダンス)
有本羅人(トランペットバスクラリネット奏者)
ディレクター
吉田隆一(バリトンサックス奏者)

日時:10月14日(月・祝)12:00~
会場:八幡堀周辺各所(近江八幡市)
観覧料:無料

障害者表現活動の地域拠点づくりモデル事業(滋賀県)

連携企画「美の糸口ーアートにどぼん!2019」ワークショップ 

その1 「写真でドレミ♪」

写真から音色が!?画像の色から音楽を作ります。

その2「わたしのカタチ」

自分の身体と身近なアイテムを被写体に日光写真を作ります。

日程:10月14日(月・祝)
時間: ①11:15 ②12:15 ③13:30 ④14:30 ⑤15:30
会場:奥村家住宅(近江八幡市永原町上8)
定員:各ワークショップ1回につき10名(予約不要)
参加費:無料
対象:小学1年生から


美の糸口ーアートにどぼん!2019
本格的なアートやものづくりを親子で体験できるワークショップが満載のフェスティバル。
日時:10月14日(月・祝)10:00~16:00
会場:ヴォーリズ学園、かわらミュージアム、奥村家住宅
主催:滋賀県、公益財団法人びわ湖芸術文化財団
共催:近江八幡市
入場無料(材料費が必要なワークショップがあります)
www.biwako-arts.or.jp/rd/event/20676.html

お問い合わせ・イベントのご予約

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
Tel/Fax 0748-36-5018
E-mail no-ma[ at ]lake.ocn.ne.jp ※[ at ]を@に変換してください。

出展者

<ボーダレス・アートミュージアムNO-MA>

左上から芝田貴子《お母さん》2015、酒井美穂子《サッポロ一番しょうゆ味》1995-、脇原大輔×DENKITOMBO《五個荘影》SCP2012

あふれる音
 音がきっかけとなって展開する情景に思いを馳せます。

ごまのはえ×芝田貴子   Gomanohae×Shibata Takako 1977-/大阪府、1973-/滋賀県
酒井美穂子 Sakai Mihoko 1979-/滋賀県
脇原大輔×DENKITOMBO Wakihara Daisuke X DENKITOMBO 1982-/2012結成/京都府

<奥村家住宅と岡田家>

左上から小原二三夫《飛行機》2018、佐々木卓也《外国の女性(ゆみかちゃん)》2001、米田 文《うずまきさん》2001、久保寛子《やさしい手》2018

手で観る世界
 触感で掴む、カタチ。指先や手のひらで作品を観てみましょう。

小原二三夫 Obara Fumio 1951-/大阪府
佐々木卓也 Sasaki Takuya 1975-/東京都
米田 文 Yoneda Bun 1975-/石川県
久保寛子 Kubo Hiroko 1987-/広島県 ※岡田家

<尾賀商店>うらおも展

みんながつくる
 ”ボーダレス・エリア近江八幡”をみんなで作るプロジェクトに参画する、キュレーションサポーターによる展示です。

魲 万里絵 Suzuki Marie 1979-/長野県
三橋精樹 Mitsuhashi Seiki 1943-/滋賀県
山﨑健一 Yamazaki Kenichi 1944-2015/新潟県

<まちや倶楽部>

左上から橘高博枝《無題》制作年不詳、五則野わらじ《時の取れ方》2010、清野ミナ《カラフルメイロ》2009。平野智之《New美保さんシリーズⅧ》2018 

ミクロコスモス
 作品の細部に宿った、アーティストの小宇宙(ミクロコスモス)に触れます。

辻 智彦×橘高博枝、五則野わらじ、清野ミナ
Tsuji Tomohiko×Kittaka Hiroe, Gosokuno Waraji, Seino Mina
1970-/和歌山県、1933-/広島県、1979-/長崎県、1986-/栃木県
平野智之 Hirano Tomoyuki 1987-/東京都

<寺本邸>

左から谷澤紗和子×藤野可織《無名》2015 写真:賀集東悟、藤岡祐機 《無題》2019

気配をつかまえる
 説明できない「なにか」。作品と場に潜む、気配をしっとり味わいます。

谷澤紗和子×藤野可織 Tanizawa Sawako×Fujino Kaori 1982-/1980-/京都府
藤岡祐機 Fujioka Yuki 1993-/熊本県

<展望館>

左から瀬尾ひろみ《どうぶつえん》2009、藤田マサヒロ×seo《Green Chan Project》2014

とある国のお話
 町を一望する景色とファンタジックな世界に浸るひととき。

瀬尾ひろみ Seo Hiromi 1960-2010/長野県
藤田マサヒロ×seo Fujita Masahiro X seo 1963-/1964-2015/滋賀県

展覧会以外の取り組み

ばったり床几プロジェクト
会場近隣の町中にみんなの憩いの場「ばったり床几」を設置しています。
かつては家先に売り物を並べていた床几を再現し、いろんな人たちの交流の場としてお楽しみいただきます。

一緒に展覧会を作りあげるサポーターたち
「ちかくのたび」では、地域の方や学生など様々な人々にサポーターとなって参加していただいています。
活動は以下の3種類。サポーターたちとの交流も、本芸術祭の魅力です。

日々の会場運営に携わり、来場者と作品を繋ぐ 会場ボランティア
自らが記者となって作品や町の魅力を伝える  NO-MA記者クラブ
出展者や構成を考え、ともに展覧会をつくる  キュレーションサポーター

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのたび

2019年9月21日(土)~11月24日(日)

―会場から会場へと、町とアートを巡る本展は、私たちの中にある一様でない「知覚」を巡る旅でもあります。ゆるりと町を巡り、アートとつながる。あなたの五感は刺激され、思いもよらぬ出会いが訪れるかもしれません。
みなさま、よい「ちかくのたび」をお楽しみください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ