ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

飛行する記憶~記憶は創造を呼び起こす~

2008年10月4日(土)~12月7日(日)

 本展は、2人1組の表現者による「記憶」というテーマのコラボレーション展です。
 観客は、4組の作家たちの「記憶」作品のコラボレーションに出会い、あなた自身の中にある記憶をたぐり寄せながら、その記憶が呼び起こしてくれるあなたのい新しいイマジネーションにスイッチを入れてみてください。
 人間の記憶は刻印されたものの固定的な集積ではなく、私たちが生きているすべての瞬間に刻々と変化する思いや身体感覚と密接に絡み合った「流動的な力」ではないかと感じることがあります。
 近年、多くの脳科学者によっても、脳の「記憶」を司る部分と、「創造」を司る部分はとても近い位置にあり、互いに関係し合っていることもわかってきました。
 アーティストとして社会に生きる人。障害者として生きながらも独自で孤独な表現を続ける人。
 双方のの作品は、この展覧会で出会いますが、重要なことは一つとしてこの世に二つとして同じ脳はありえず、同じ記憶もあり得ないということです。そこでは観覧者自身の記憶も起想をし始め、予期せぬ飛行をし始めるでしょう。古い屋敷の空間でその記憶飛行を存分にお楽しみください。

  • →イベント
  • →作家・作品情報
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA/旧吉田邸(近江八幡市多賀町758)
開館時間10:00~17:00 ※11月21日金曜日のみ夜間開館20:00まで
休館日月曜日(ただし、祝祭日は開館し、翌日閉館)
観覧料第2会場共通:一般500円、高大生450円、中学生以下無料
主催:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会
助成:独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」

協力:植田正治事務所、沖縄県立島尻養護学校、社会就労センターわかたけ、
   (社福)愛成会アトリエPangarea、(株)ヒビノスペシャル、(株)便利堂、
   (財)滋賀県陶芸の森、盛岡杉生園、武庫川すずかけ作業所

第8回全国障害者芸術・文化祭 滋賀大会 協賛事業

展覧会風景

  ▼NO-MA
  展覧会風景 展覧会風景

  ▼旧吉田邸
  展覧会風景 展覧会風景

  写真:大西暢夫

イベント

オープニングトーク

「記憶と創作」
木下晋(本展出展作家)
日 時:2008年10月4日(土) 13:30‐15:00
場 所:野間清六邸(NO-MA向かい側)
定 員:30名

トークショー

「記憶のフシギ」
細馬宏通(滋賀県立大学人間文化学部准教授)
はたよしこ(NO-MA アートディレクター)
日 時:2008年10月25日(土) 13:30‐16:00
場 所:野間清六邸(NO-MA向かい側)
定 員:30名

 

トークショー

「ことば以前の記憶」
日比野克彦(本展出展作家、東京芸術大学教授)
日 時:2008年11月21日(金) 17:30‐19:30
場 所:尾賀商店
定 員:80名

作家紹介

日比野克彦 Hibino Katsuhiko 

「明後日の種」

1958年岐阜市生まれ。1982年頃より国内外で多面的な表現活動を継続中。本展では、二人の知的障害者の作品とのコラボレーションとして新作を制作し「旧吉田邸」の古い町屋を丸ごと一軒使ってのインスタレーションを行う。

高橋和彦 Takahashi Kazuhiko

「無題」(制作年不詳)

1941年生まれ。岩手県盛岡市在住。60歳頃から記憶をたどるように絵を描き始めた。記憶は素朴な空想をはらみ、あり得ない出来事が次々と展開している。

佐久田祐一 Sakuta Yuichi

「ボクは愛するしずかへ伝えたい」シリーズ(つばめしずか)(2006~2008年)

1987年生まれ。沖縄県浦添市在住。彼のモチーフは「記憶したい文字」と「記憶したい情景」である。その幸福時間を保持するかのように、大胆で即興的な貼り絵の連作は止むこと無く続いている。

植田正治 Ueda Syoji

「童歴:冬3」(2006年)

1913年~2000年。世界で最も注目された日本人写真家だが、生地(鳥取県境港市)を離れず、山陰の空、地平線をモチーフとし続けた。本展では、シリーズ「童暦」をコロタイププリント制作で展示し、コラボレーションとして両者のモノクローム世界に溢れるイマジネーションの相乗効果をたどる。

三橋精樹 Mitsuhashi Seiki

「無題」(制作年不詳)

1943年生まれ。滋賀県大津市在住、漆黒に塗りこめられた鉛筆画の闇の中には、よく見ると驚くような記憶の情景が描きこまれている。日常の風景、テレビ映像の記憶など様々な線画があぶりだされて見えてくる。

木下晋 Kinoshita Susumu

「103年の闘争」(2003年)

1947年富山市生まれ。鉛筆画による超リアリズムにより、老人や盲目の瞽女など、生の淵をモチーフにした大作で知られる。本展では彼が1980年から継続している小さな日記手帳を作品化したものも展示し、鉛筆画と共に、時を刻む文字としてのコラボレーション世界を提示する。

吉澤健 Yoshizawa Takeshi

「無題」(制作年不詳)

1966年うまれ。東京都中野区在住。彼が書いている大量の小さな記号は、広告看板の文字である。街中を歩きながらそれらの文字を記憶し、紙に書いてはセロテープでがちがちに封印していく。何が彼をそうさせるのか。不可思議なリズムに魅了される。

鈴木治 Suzuki Osamu

「はばたく鳥」(1973年)

1926~2001年。1948年前衛陶芸家グループ「走泥社」の創立メンバーとして、八木一夫らと共に、日本の抽象陶芸の底流を築いた。本店ではダウン症の青年の平面作品と同空間に展示し、二人の創造の想起の根底にある「人が表現をする時の記憶イメージの源」のありかを探索していただく。

舛次崇 Shyji Takashi

「蝋燭と糸ノコとトンカチ」(2006年)

1974年生まれ。兵庫県西宮市に在住。彼は目の前に置かれた身辺の日常品を見て、そのカタチを直感的に受信して描く。しかし彼の興味はどんどんモチーフそのものからは遠く離れ、カタチの記憶を基に変形し増殖させて、誰も知らない別の世界に遊んでいく。

【コラボレーション】
吉澤健×木下晋
三橋精樹×植田正治
舛次崇×鈴木治
日比野克彦×高橋和彦×佐久田祐一

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

第18回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2021年(令和3年)11月27日(土)~ 12月26日(日)  後期:2022年(令和4年)1月8日(土)~ 2月6日(日)

県内福祉施設等とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画する展覧会「滋賀県施設・学校合同企画展ing… ~障害のある人の進行形~」は、本年で18回目を迎えます。
障害のある人の日々の生活に寄り添う支援者ならではの目線で展示を構成した本展は、滋賀県内の障害のある作者30人の作品を2期にわたりご紹介します。
展示空間には、作者が制作に向き合う、あるいは支援者と関わり合う時間が凝縮されています。日々生み出される、作者の現在進行形の表現を、ご堪能ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ