ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

キュレーター公募企画展「共融地点 ‐日本と中国のアール・ブリュット‐」

2018年2月9日(金)~11日(日)

中国では、アートを出自とする人々が、アール・ブリュットを見出してきました。社会が急速に変化し、都市と農村の格差が一層拡大する中にあって、様々な背景をもつ作者の制作と発表の場を支えてきたのです。特に2014年以降は、国内の活動ばかりでなく、欧米や日本との国際交流が増えたこと、各種メディアを通じてそれらが報じられるようになったことによって、アートの領域だけでなく、福祉・医療の分野からの注目も高まっています。国土と人口からすれば、未だ限られた範囲でのムーブメントですが、その波及速度は目を見張るものがあります。
「共融地点」は、日本・中国各地のアール・ブリュットを一堂に紹介する初の試みです。本展では、文化や環境を異にした作者による、表現の類似性と特有性に着目していきます。そして、日本と中国、主体と客体などが融け合うように展示します。背景は様々でありながらも通底して見える物語を感じてください。
文:石岡亜希子(本展キュレーター)

  • →イベント
  • プレス資料
会場びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール淡海(滋賀県大津市におの浜4-7-7)
開館時間9日(金)・10日(土)9:00〜21:00、11日(日)9:00〜14:00
休館日なし
観覧料500円 ※アメニティフォーラム22参加者無料、中学生以下、障害のある方と付添者1名無料
■出展者
石原峯明、呉美飛(ウー・メイフェイ)、川上建次、草彅陵太、郭秀栄(グオ・シウロン)、郭鳳怡(グオ・フォンイー)、澤田真一、三毛(サンマオ)、小燕子(シャオイエンズ)、健健(ジエンジエン)、陳宝桂(チェン・バオグイ)、喬雨龍(チャオ・ユーロン)、祝羽辰(ヂュ・ユーチェン)、土屋正彦、塔本シスコ、西之原清香、林田嶺一、巴子(バーズ)、東本憲子、平野智之、藤野公一、舟橋慶、鳳英(フォンイン)、本城直、宮川隆、宮田英雄、楊伝鳴(ヤン・チュアンミン)、与那覇俊、李忠東(リ・ヂョンドン)、羅秀芳(ルオ・シウファン)、汪化(ワンフア)

■主催:アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
構成団体:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー[GLOW])、滋賀県、滋賀県立近代美術館、近江八幡市、一般社団法人近江八幡観光物産協会、社会福祉法人愛成会、NPO法人はれたりくもったり、滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会

■協力:滋賀県立近江学園、クラフト工房La Mano、信楽青年寮、西淡路希望の家、医療法人社団柏水会、平川病院〈造形教室〉、ふじ美の里、蛍の里、まつさかチャレンジドプレイス希望の園、ルンビニー園、黄薬、上海芸途公益基金会〈WABC〉、Tabula Rasa Gallery、長征空間Long March Space、張天志、南京社区原生芸術工作室、北京天真者公益発展中心

■助成:平成29年度文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業

※期間中、当実行委員主催による、「アール・ブリュット国際フォーラム2018」を同会場にて開催。また、「アメニティーフォーラム22」、「アール・ブリュットネットワークフォーラム2018」等も同会場で開催されます。

■会場へのアクセス
びわ湖大津プリンスホテル
〒520-8520滋賀県大津市におの浜4-7-7
・JR東海道本線「大津駅」から⇒
無料シャトルバスで約10分/有料バスで約20分(なぎさ公園線)/タクシーで約10分/徒歩で約30分
・JR東海道本線「膳所駅」、京阪石山坂本線「京阪膳所駅」から⇒
タクシーで約6分/徒歩で約20分
・JR湖西線「大津京駅」から⇒
タクシーで12分

車をご利用の場合
・名神高速道路「大津I.C.」から3.7km(平常時約10分)
・京滋バイパス「石山I.C.」から422号経由で6.9km(平常時約15分)

■お問い合わせ
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
<社会福祉法人グロー(GLOW)法人本部企画事業部>
TEL 0748-46-8100 FAX 0748-46-8228

キュレーター公募企画展

近年、アール・ブリュットをはじめとする障害者の芸術文化活動に関する世の中の関心や期待が高まりを見せています。こうした状況を受け、アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会では、障害者の芸術文化に関する専門的な知識を有し、国際的な舞台で活躍できる新たな人材と出会うことを目的として、去年度に引き続き、「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA企画展キュレーター公募2017」を実施しています。
本事業では、「①NO-MA企画展」、「②日本とアジアのアール・ブリュット展」をNO-MAとともにキュレーションする人材を公募しました。その結果、複数の候補者の中から、「①NO-MA企画展」では、映像の分野で活躍する辻智彦氏を、「②日本とアジアのアール・ブリュット展」では、中国の多様な芸術表現について研究する石岡亜希子氏をキュレーターとして迎え、それぞれNO-MAとびわ湖大津プリンスホテルで、展覧会を開催することとなりました。

関連イベント

MOTTO! 共融地点

日中のアール・ブリュットが一堂に会す共融地点。本展の作者の表現を、もっと(MOTTO! )深く知るため、会場では作者の創作を追体験できるワークショップを実施する他、関連書籍を自由に読むことのできるライブラリーコーナーを設置します。

「アール・ブリュット国際フォーラム2018」

今年も日本国内外で障害者の芸術文化に関する取り組みが数多く展開されました。「2017ジャパン×ナント プロジェクト」もその一つ。創造文化都市であるフランス・ナント市では、日本の障害者の芸術文化はどう受け止められたのでしょうか。その他、他国の実践を聞くことで、その固有性や共通性を探る国際フォーラムを開催します。
日時:2月10日(土)9:30~17:15
同時通訳機器貸出料金:500円

同時開催企画のご案内

<アメニティーフォーラム22>
障害のある人のより豊かな地域生活を推進していくことを目的とした大規模な福祉フォーラム。
会期:2月9日(金)・10日(土)・11日(日)
主催:アメニティーフォーラム実行委員会、NPO法人全国地域生活支援ネットワーク
参加費:20,000円(資料代4,000円含む)

■「厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業実践報告会」
「障害者芸術文化活動支援センター」における現状と課題、展望について議論します。
日時:2月9日(金)13:15~15:15
主催:社会福祉法人グロー(GLOW)
助成:厚生労働省 障害者芸術文化活動普及支援事業
参加費:無料

■〈平成29年度 障害者表現活動の地域づくりモデル事業〉
「心と身体の学級」「うみを越えたトリックスター」
障害のある人による舞台芸術活動の魅力を体感できるプログラムを一挙に紹介します。
日時:2月9日(金)15:30~19:00
主催:社会福祉法人グロー(GLOW)
助成:平成29年度文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業(先進的文化芸術創造活用拠点形成事業)
参加費:無料

■「アール・ブリュットネットワークフォーラム2018」
アール・ブリュットをテーマに、関係者が集い、ともに語り合うフォーラムを開催。
日時:2月11日(日)9:00~13:15
主催:アール・ブリュットネットワーク(事務局:滋賀県、社会福祉法人グロー[GLOW])
参加費:無料

館外展示・連携企画に戻る

ご展覧会情報

次の展覧会

79億の他人――この星に住む、すべての「わたし」へ

2021年9月18日(土)~11月21日(日)

2021年現在、およそ79億の他人が、地球の上で共存しています。めいめいの身体、人種、性、思考、社会的立場――79億通りの差異は、この星の一人ひとりを、替えが効かない唯一の「わたし」たらしめています。それと同時に、その差異は「わたし」以外の人間を「他人」として分かつものでもあります。
自己と他者という越えがたい分断を前にしても、わたしたちは互いの差異を認め合ったうえで、関係を築こうとします。反対に、差異を認めず関わりを断つ、という態度が形になるとき、それは排除となるのでしょう。目が眩むほどの他者性を前にして、共生の道を模索することも、ある一方を迫害に追いやってしまうことも、わたしたちは、どちらのことにも接しています。
世界共通の目標であるSDGsにおいては、「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現を目指しています。その一方で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う社会構造変化の劇的な速さは、それについていけない誰かを見過ごし、新たな排除を生み出しかねないものでもあります。
いかに多様であるか、いかにコミュニケーションするか――いま、世界人口約79億人(わたしたち)は、こうした問いにさらされています。
本展「79億の他人」は、こうした問いに向き合うための企画展です。NO-MAとまちや倶楽部の2会場に展示する12組の出展者の表現は、いまの時代の「わたし」らしさや、他のすべての「わたし」を含むこの世界の79億人がともに生きることについて、大事な示唆を与えてくれるでしょう。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ