ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

  • HOME
  • > お知らせ一覧
  • > 「アール・ブリュットを巡るトークシリーズ」 視点7&視点8のご案内【終了】

お知らせ

「アール・ブリュットを巡るトークシリーズ」 視点7&視点8のご案内【終了】

お知らせ一覧に戻る

●「アール・ブリュットを巡るトークシリーズ」
視点7&視点8のご案内

去年より開催している「アール・ブリュットを巡るトークシリーズ」の視点7が1月、視点8が2月に開催されます。ただいま絶賛参加予約受付中です。奮ってご参加ください。

●視点7
「医療・福祉を地域に開く アートプロジェクトとアール・ブリュット」
ゲスト:高橋伸行(アーティスト / やさしい美術プロジェクトディレクター / 名古屋造形大学准教授)
やさしい美術プロジェクトとは、病院とアーティスト、デザイナーとの協働で 「安らぎのある医療環境」「地域に開かれた病院」を創出するアートプロジェクト。そのディレクターを務める高橋伸行さんとともに、地域社会とアール・ブリュットの関係性を探ります。
日時:2012年1月28日(土) 14時半~16時半
会場:滋賀県立近江学園
住所:滋賀県湖南市東寺4-1-1 TEL:0748-77-2811
協力:滋賀県立近江学園

当日は最寄の石部駅から会場まで臨時バスを運行いたします。
・草津発13:27⇒石部着13:37
草津発13:55⇒石部着14:05
・貴生川発13:51⇒石部着13:37
貴生川発13:23⇒石部着14:04
※乗車希望の方は予約申し込みの際にバスのご予約もお願いいたします。

●視点8
美術コレクターからみたアールブリュットの魅力
ゲスト:田中恒子(美術コレクター、大阪教育大学 名誉教授)
アール・ブリュットを含め、20年以上にわたって様々な現代美術作品をコレクションしてこられた田中恒子さん。作品を自分の家族の一員のように大切に扱って来たコレクターならではの視点で、アールブリュットの魅力について語ります。
日時:2012年2月18日(土) 14時半~16時半
会場:マルチメディアセンター情報会議室
住所:滋賀県近江八幡市出町645-4 TEL:074-831-0800
協力:マルチメディアセンター

お問い合わせ・イベントのご予約
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
滋賀県近江八幡市永原町上16
TEL/FAX: 0748-36-5018
Email: https://www.no-ma.jp/form/

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

次の展覧会

79億の他人――この星に住む、すべての「わたし」へ

2021年9月18日(土)~11月21日(日)

2021年現在、およそ79億の他人が、地球の上で共存しています。めいめいの身体、人種、性、思考、社会的立場――79億通りの差異は、この星の一人ひとりを、替えが効かない唯一の「わたし」たらしめています。それと同時に、その差異は「わたし」以外の人間を「他人」として分かつものでもあります。
自己と他者という越えがたい分断を前にしても、わたしたちは互いの差異を認め合ったうえで、関係を築こうとします。反対に、差異を認めず関わりを断つ、という態度が形になるとき、それは排除となるのでしょう。目が眩むほどの他者性を前にして、共生の道を模索することも、ある一方を迫害に追いやってしまうことも、わたしたちは、どちらのことにも接しています。
世界共通の目標であるSDGsにおいては、「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現を目指しています。その一方で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う社会構造変化の劇的な速さは、それについていけない誰かを見過ごし、新たな排除を生み出しかねないものでもあります。
いかに多様であるか、いかにコミュニケーションするか――いま、世界人口約79億人(わたしたち)は、こうした問いにさらされています。
本展「79億の他人」は、こうした問いに向き合うための企画展です。NO-MAとまちや倶楽部の2会場に展示する12組の出展者の表現は、いまの時代の「わたし」らしさや、他のすべての「わたし」を含むこの世界の79億人がともに生きることについて、大事な示唆を与えてくれるでしょう。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ