ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

第7回滋賀県施設合同企画展 ing…~障害のある人の進行形~

2010年12月11日(土)~2011年1月16日(日)

 本展は滋賀県社会福祉事業団と滋賀県内の福祉施設職員が実行委員会を組織し、企画・展示を行なう施設合同企画展です。
 障がいのある人の造形活動に携わっている施設職員が日々の現場で彼らの「表現」と出会い、驚き、圧倒され、これらを施設内だけに留まらせず多くの方々に知って頂きたいという想いから本展は始まり、今年で7回目を迎えました。
 学芸員でもない福祉施設職員が日々彼らと過ごす中でリアルタイムに見てきた、そして今も絶えず生み出され続ける現在進行形の表現たちをぜひご高覧下さいませ。

  • →イベント
  • →作家・作品情報
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間11:00~17:00
休館日月曜日休館(ただし祝祭日は開館し、翌日休館)
観覧料一般200円 高大生150円 中学生以下無料 ※参加施設利用者及び付き添い職員は無料
主催:第7回滋賀県施設合同企画展実行委員会、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県社会福祉事業団企画事業部)
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会

出展施設:ウッディ伊香立、滋賀県立近江学園、障害者福祉サービス事業所おおぎの里、唐崎やよい作業所、
     若竹作業所、クリエートプラザ東近江マイルド五個荘、ステップあップ21、湖北まこも、
     さくらはうす、信楽青年寮、滋賀県立信楽学園、障害者支援事業所いきいき、バンバン、彦根学園、
     びわこ学園医療福祉センター野洲、蛍の里、やまなみ工房

協力施設:草津市障害者福祉センター、八身福祉会

展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

関連イベント

ギャラリートーク・ティーパーティー

2010年12月18日(土)13:00~16:00
ギャラリートーク終了後ティーパーティーを開催します。
定員:20人 参加費:無料(要予約)

  

ワークショップ

貼り絵コラージュ
「私からあなたへ~贈りものを、創りませんか~」
2011年1月16日(日)14:00~15:00
和紙やシールなど、好きな材料を貼り付けてオリジナルカードを作るワークショップです。
定員:20名 参加費:無料(要予約)

 

常設ワークショップ

「組木であそぼう」
会期中、常時開催
自然木と円棒を組み合わせて、いろんな形で遊ぶワークショップです。

 

出展作家(施設名)

計25名

塚本清孝(ステップあップ21)/吉田修三(ステップあップ21)/村上聖謙(滋賀県立信楽学園)/空木清治(ウッディ伊香立)/藤田千香子(若竹作業所)/田中徳吉(びわこ学園医療福祉センター野洲)/寺田美智夫(びわこ学園医療福祉センター野洲)/辻千鶴(クリエートプラザ東近江マイルド五個荘)/山川貴香子(クリエートプラザ東近江マイルド五個荘)/大山康博 (バンバン)/上田剛(蛍の里)/後村英治(ホ蛍の里)/田中典子(障害者支援施設いきいき)/若林良(障害者支援施設いきいき)/深堀拓生(さくらはうす)/大路裕也(やまなみ工房)/森田郷士(やまなみ工房)/清水健生(彦根学園)/小林祥晃(信楽青年寮)/古川絹子(湖北まこも)/久米すゑ子(湖北まこも)/森さやか(唐崎やよい作業所)/波多野広和( 障害者福祉サービス事業所おおぎの里)/畠山竜也(滋賀県立近江学園)/本城直(滋賀県立近江学園)/

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

79億の他人――この星に住む、すべての「わたし」へ

2021年9月18日(土)~11月21日(日)

世界人口約79億人。
いかに多様であるか、いかにコミュニケーションをするか。
12組のアーティストの表現から考える展覧会。

「79 億の他人」は、12 組の出展者による表現を通して、人と人との間の差異、あるいはその差異の上でいかなるコミュニケーションが編まれるか、これらを照射する展覧会です。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ