ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

楽園の夢

2016年9月3日(土)~11月27日(日)

本展は、「楽園の夢」と題し、巨大なものや小さなものまで、自らの夢見るようなイメージを「見える形」に表現している6名の作品を展示します。

私たち人間は、様々なモノを作ります。巨大なものや小さなモノ。
誰も評価してくれなくても、自分自身が楽しく、夢見るようなイメージを「見える形」にしたいと願望するのです。
「ありふれた日常の中に、何かを創造して自ら表現する」
私たちが生きる目的は、仕事でもあれば遊びでもあります。
それが”アート”と呼ばれるのか否か。そんな境界線などはありません。
私たち誰もが持つ、力です。

  • →イベント
  • →作家・作品情報
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間11:00-17:00
休館日月曜日(祝日の場合は翌日開館)
観覧料一般300円(250円)高大生250円(200円) ※中学生以下、障害のある方と付添者1名無料 ※()内は20名以上の団体料金
■主催
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~

■後援
滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会

■協力(敬称略・五十音順)
東良子、株式会社オーディック、NPO法人はれたりくもったり、松浦幸枝、社会福祉法人やまなみ会やまなみ工房、NPO法人ワークスみらい高知、藁工ミュージアム、一般社団法人近江八幡観光物産協会、NPO法人しみんふくし滋賀

●「八幡堀まつり」9月17日(土)、18日(日)は夜間特別開館。
18:00~21:00は観覧料無料です。

●「関西文化の日」11月19日(土)、20日(日)は観覧料無料です。

出展者

東 健次 Azuma Kenji
岩瀬 俊一 Iwase Shunichi
桜水 孝一 Sakuramizu Koichi
デイヴィッド・デュバル=スミス David Duval=Smith
松浦 萌 Matsuura Moe
山﨑 利幸 Yamazaki Toshiyuki

関連イベント

(1)水彩で描く「楽園の森」

デイヴィット氏と一緒に、楽園の森に住む人々や動物をイメージして描いてみませんか。水彩画初心者も大歓迎です。皆さんで一緒に楽しみましょう。

講 師:デイヴィッド・デュバル=スミス(from クリエイティブユニット生意気)
日 時:2016年9月3日(土)①11:00~12:30 ②13:30~15:00
会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
定 員:各回10名(要予約)
参加費:無料(別途観覧料が必要です)

(2)トークイベント「日常の楽園~モノを創る人々~」

都築響一氏をお迎えし自身の活動にまつわるディープなエピソードや、本展アートディレクターとの対談により、本展に出展するアール・ブリュットの作品を回想しながらお話しいただきます。

出 演:都築響一(編集者、写真家)、はたよしこ(本展アートディレクター)
日 時:2016年9月22日(木・祝)13:30~15:30
会 場:酒游舘(近江八幡市仲屋町中21)
定 員:40名(要予約)
参加費:無料(別途観覧料が必要です)

(3)鉛筆彫刻ワークショップ「NO-MAで芯けずり」

山﨑利幸氏と一緒に鉛筆彫刻を作りませんか。まずは初級編のアルファベット一文字を削り出します。
講 師:山﨑利幸(鉛筆彫刻家)
日 時:2016年10月8日(土)
     ①13:00~13:30 ②13:45~14:15 ③14:30~15:00
会 場:奥村家住宅(近江八幡市永原町上8)
対 象:中学生以上
定 員:各回5名(要予約)
参加費:無料(別途観覧料が必要です)

※定員に達しましたので、募集を終了しました。

(4)トークイベント「陶芸空間虹の泉 東健次の創作について」

35年間に渡りたった一人で巨大な陶芸空間を創った故東健次氏の制作活動について、本展アートディレクターとの対談により、夫人の東良子氏にお話しいただきます。

出 演:東良子(故東健次氏夫人)、はたよしこ(本展アートディレクター)
日 時:2016年10月22日(土)13:30~15:00
会 場:野間清六邸(NO-MA向かい側)
定 員:20名(要予約)
参加費:無料(別途観覧料が必要です)

(5)楽園の夢ツアー「やまなみ工房&陶芸空間虹の泉に行こう」

貸切バスに乗って、本展出展者に関連するアートツアーに行きませんか。やまなみ工房では岩瀬俊一さんの制作現場を見学します。虹の泉では東良子氏から作品解説を受けながら鑑賞します。

日  時:11月12日(土)9:00~18:00
場  所:やまなみ工房(滋賀県甲賀市)、陶芸空間虹の泉(三重県松阪市)
集合・解散場所:JR草津駅西口
定 員:25名(要予約)
参加費:1,000円(施設見学費用実費)
※参加費は当日、お支払ください。


※定員に達しましたので、募集を終了しました。

出展者

東 健次  Azuma Kenji

「陶芸空間 虹の泉」1978-2013

1938-2013年/三重県
35年間にわたり山の中の広大な空間に、不思議で美しい陶芸王国を創った。

陶芸空間 虹の泉 ブログ

http://nijinoizumi.blog.fc2.com/

岩瀬 俊一  Iwase Shunichi

「ふくろう」2013

1973年~/滋賀県在住
細いペンを使って人物や動物などを描きまくり、独自で愉快な世界を創っている。

やまなみ工房 ホームページ

http://a-yamanami.jp/

桜水 孝一  Sakuramizu Kouichi

「天使の聖なる救済、その更生への招待」制作年不詳

1938年~/高知県在住
少年の頃にキリスト教と出会った彼は、大人になり聖書の世界を描き続けている。

デイヴィッド・デュバル=スミス David Duval=smith

「naka naka nakama」

(クリエイティブユニット生意気)
1970年~/熊本県在住
遊びのなのか作品なのか。そんなことは関係ない。アートの楽しさを自由に表現している。

http://www.namaiki.com/

松浦 萌  Matsuura Moe

ビニールテープワーク 制作年不詳

1993年~/東京都在住
色とりどりのビニールテープをプレゼントされたのがきっかけで、小さなオブジェを大量に作っている。

山﨑 利幸  Yamazaki Toshiyuki

「HAPPY BIRTH DAY」2013

1969年~/山梨県在住
鉛筆の芯を削り彫刻する繊細な造形。サラリーマンとして勤務しながら、夜や休日に制作している。

http://enpitsu.bakufu.org/

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

79億の他人――この星に住む、すべての「わたし」へ

2021年9月18日(土)~11月21日(日)

世界人口約79億人。
いかに多様であるか、いかにコミュニケーションをするか。
12組のアーティストの表現から考える展覧会。

「79 億の他人」は、12 組の出展者による表現を通して、人と人との間の差異、あるいはその差異の上でいかなるコミュニケーションが編まれるか、これらを照射する展覧会です。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ