ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

ココロの景色 COCORO-KESHIKI

2011年2月19日(土)~5月29日(日)

ちょっとむずかしい問いかけです。
「自分とは、いったいどういう存在なんだろう。」
自分だけの特徴をさがしてみる。
「気が弱い? 記憶力が良い? 腕力が強い? 涙もろい?」
でもそれは、どれも自分固有のものとはいえない。
では、「自分にしかないものは、どこにあるの?」
それはたぶん、自分が作る「イメージ」の中にあるのです。
「心の景色」と言ってもいいかもしれない。
未だカタチをもたないそれを、見えるカタチにしてみたい、と思うこと。
そうせずにはいられない、強い何かに司られること。
本展では、そのようにして表出された六人の作品に焦点をあてます。
美術教育や流行とは無縁な独自の方法によって、
深く、強く、しなやかな、心の内面力がカタチとなっているのです。
作品を通して観客の方々も、自分自身の心の景色を探索していただく企画展です。

  • →イベント
  • →作家・作品情報
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間11:00~17:00
休館日月曜日休館(ただし祝祭日は開館し、翌日休館)
観覧料一般300円 高大生250円 中学生以下無料
主催:社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会
助成:日本財団
協力:「伊香立の杜」木輝、平川病院<造形教室>、近江八幡観光物産協会、尾賀商店、特定非営利活動法人しみんふくし滋賀

展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

  展覧会風景 展覧会風景

  写真:大西暢夫

関連イベント

おはなし会&ワークショップ

「ココロのけしき」
2月26日(土)14:00~15:30
2月27日(日)14:00~15:30
場 所:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
参加費:観覧料
定 員:各20名
小林瑞恵(本展ディレクター)
企画者による作品解説会。作品を鑑賞後、こころの景色を描いてみましょう。

  

夕暮れNO-MA de ギャラリートーク

3月23日(水)18:30~19:30[終了]
場 所:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
参加費:観覧料
定 員:20名
はたよしこ(本展ディレクター)
当日は、20:00まで特別開館いたします。夜になるとガラリと変化する展示空間の中で企画者によるギャラリートークを開催します。

 

ドキュメンタリー映画上映&アフタートーク

「破片のきらめき‐心の杖として鏡として‐」(80分)
2008年/日本/80分
撮影・監督・編集:高橋愼二
【2008年第14回(仏)ウズール国際アジア映画祭観客賞受賞(最優秀ドキュメンタリー賞)】

アフタートーク:
「精神科病院での芸術活動-“癒し”としての自己表現」
安彦講平(平川病院<造形教室>主宰)
4月16日(土)13:30~16:00
場 所:尾賀商店(近江八幡市永原町中12)
参加費:無料
定 員:50名
精神科病院での芸術活動を記録したドキュメンタリー映画。アトリエを主宰してきた安彦講平氏によるアフタートークとともにお楽しみください。

 

トークショー

「ココロと表現」
5月15日(日) 13:30~15:30
参加費:無料
場 所:尾賀商店
定 員:50名
小林昌廣(IAMAS情報科学芸術大学院大学教授)
アートや演劇、医学にも精通した立場から幅広く語っていただきます。

 

出展作家

格野 門 Itaruno Jyo

無題(制作年不詳)

1987年生まれ。

写真:大西暢夫

西村一成 Nishimura Issei

マスクの二人(ハート)(2009年)

1978年生まれ。愛知県在住

写真:矢嵜進

山田七菜子 Yamada Nanako

「やあ!」(2010年)

1978年生まれ.。大阪府在住。

写真:大西暢夫

佐藤朱美 Sato Akemi

サイのさいぼう(2002年)

1981年生まれ。北海道在住。

写真:大西暢夫

飯塚政暁 Iizuka Masaaki

無題(制作年不詳)

1987年生まれ。滋賀県在住。

写真:大西暢夫

江中裕子 Enaka Yuko

拘束(2004年)

1960年生まれ。埼玉県在住。

写真提供:江中裕子

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

79億の他人――この星に住む、すべての「わたし」へ

2021年9月18日(土)~11月21日(日)

世界人口約79億人。
いかに多様であるか、いかにコミュニケーションをするか。
12組のアーティストの表現から考える展覧会。

「79 億の他人」は、12 組の出展者による表現を通して、人と人との間の差異、あるいはその差異の上でいかなるコミュニケーションが編まれるか、これらを照射する展覧会です。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ