ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

第12回滋賀県施設合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2015年11月28日(土)~2016年1月11日(月・祝)
後期:2016年1月15日(金)~2016年2月14日(日)

今年12回目を迎える「滋賀県施設合同企画展」は、滋賀県内28か所の福祉施設と2つの特別支援学校、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画・展示を行うものです。
障害のある人の日々の生活に寄り添う職員ならではの目線で、独自の世界観や表現を集めた本展は、40人の作者の作品を2期にわたりご紹介します。本展を通して、今この瞬間のing(進行形)の表現を感じてみてください。

■出展施設
[前期] あそしあ、伊香立の杜 木輝、さくらはうす、滋賀県立近江学園、滋賀県立三雲養護学校、信楽青年寮、社会就労センターあおぞら、社会福祉法人おうみ福祉会 おうみ作業所、社会福祉法人ノエル福祉会 ぽかぽか、バンバン、ふくらの森、蛍の里、やまなみ工房、わになろう

[後期] かいぜ寮、救護施設 ひのたに園、きらり庵、工房和楽、湖北まこも、しあわせ作業所、滋賀県立信楽学園、滋賀県立野洲養護学校美術クラブ、杉山寮、ステップあップ21、ステップ広場ガル、能登川作業所、びわこ学園医療福祉センター野洲、みどり園

■協力施設
にっこり作業所、彦根学園

■アドバイザー
アサダワタル(日常編集家)
中野裕介(美術家・パラモデル)

※五十音順・敬称略

  • →イベント
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間11:00〜17:00
休館日月曜日(ただし、祝祭日は開館し、翌日休館)、12月28日(月)~1月4日(月)(年末年始のため)、1月12日(火)~14日(木)(展示替えのため)
観覧料一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下・障害のある方と付添者1名無料 ※( )内は20名以上の団体料金
主催:第12回滋賀県施設合同企画展実行委員会、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~)
後援(予定):滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会
協力:一般社団法人近江八幡観光物産協会、NPO法人しみんふくし滋賀
助成:障害者の芸術活動支援モデル事業(厚生労働省補助事業)

出展者

37名
[前期](16名)
鵜飼結一郎 / 小川秋夫 / 奥山有記 / 奥村嘉男 / 西湖茂彦 / 重田しのぶ / 篠原尚央 / 鈴木智晴 / 田所友香理 / 蔦恵子 / 二宮政裕 / 羽賀詢 / 服部徹 / 舟橋慶 / 本田杏菜 / 松居良泰
[後期](21名)
伊藤正清 / 大橋洋 / 金岩春男 / S・A / 北川喜代子 / 木村圭吾 / 楠舞子 / 佐藤詩織 / 武尾一夫 / 武友義樹 / 田中佑芽 / 谷本達哉 / 鳥本強志 / 西野拓巳 / 長谷川みのり / 平野義明 / 平原千恵 / 戸次公明 / 前河増蔵 / 松村一男 / 望月彩香

関連イベント

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

第17回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

前期:2020年(令和2年)11月28日(土)~ 12月27日(日)  後期:2021年(令和3年)1月9日(土)~ 2月7日(日)

「滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~」は、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAが開館した当初から、障害のある作者の表現に寄り添う支援者によって、形作られてきました。
滋賀県内の福祉施設・特別支援学校の職員とNO-MAが実行委員会を組んで展覧会を企画し、30名による作品を展示します。
作者や支援員・教員の今を綴った、現在進行形の表現をご覧ください。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ