ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

お知らせ

お知らせ

10/24 小松和彦氏 講演「民俗社会のなかの妖怪たち」

お知らせ一覧に戻る

【「これ、すなわち生きものなり」関連イベントのお知らせ】

本展のテーマは「想像上の生きもの」です。架空の生きもの(妖怪や鬼など)を通じて、日本人が古くから暮らしの中で感じてきた、見えない世界とのかかわりや、心のありようについてお話しいただきます。

講 演「民俗社会のなかの妖怪たち」
講 師:小松 和彦(文化人類学者、民俗学者、国際日本文化研究センター所長)
日 時:2015年10月24日(土)13:30~15:00
会 場:酒游館(近江八幡市仲屋町中21)
定 員:60名(要予約/参加費無料)
こちらのメールフォームよりお申込みください。


小松和彦 プロフィール

1947年東京都生まれ。文化人類学者、民俗学者。信州大学助教授、大阪大学教授を経て、現在は国際日本文化研究センター所長。鬼、妖怪、異人などを入口に、日本文化の深奥に迫る文化人類学、民俗学の第一人者。著書に『いざなぎ流の研究』『妖怪文化入門』、編著に『妖怪学の基礎知識』など多数。2013年、紫綬褒章受章。

お知らせ一覧に戻る

ご展覧会情報

絵になる風景

2022年(令和4年)8月11日(木・祝)-11月6日(日)

風景は人によって異なる現れ方をします。その土地に生まれたのか、旅行者なのか、懐かしいふるさとなのか、いつまでも見ていたい、そんな眺めなのか―その人の出自や思い出の数だけ異なった形で、風景はそれぞれの心の内に現れます。
風景を描くということを誰もが一度はしたことがあるはずです。またそれは、美術の歴史の中でもずっと昔から続く営みです。人間にとって、大切な画題である風景。本展では「絵になる風景」をテーマに、7名のアーティストの作品を展示します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ