ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

アール・ブリュット☆アート☆日本2

2015年2月21日(土)~3月22日(日)

日本のアール・ブリュットの多くは福祉の現場から発見されてきました。自分のこだわりに忠実に、そして切実に表現していく彼らの行為は、彼らの気持ちや考えを知る、言葉以外のもうひとつの方法でもあるのではないでしょうか。
私たちの予測を超え、意表を突く表現の数々は、見えない世界を顕在化させ、私たちの考えや意識を深く押し広げるきっかけを与えてくれます。アール・ブリュットの作り手たちによる表現行為は、まさに見える世界と見えない世界を行き来する彼らの冒険の軌跡と言えるかもしれません。
本展では、日本のアール・ブリュットとともに、ヨーロッパの著名なアール・ブリュット作家アドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)の作品26点を特別展示いたします。ヴェルフリもまた、見える世界と見えない世界を縦横無尽に旅した作家です。彼はその旅を『揺籠から墓場まで』と題した2,500枚にも及ぶ架空の冒険物語として描き出しました。世の中が第一次大戦に向かう中、孤独の中に生きたヴェルフリの夢や欲望が投影されたこの壮大な冒険譚は、アール・ブリュットを提唱した画家ジャン・デュビュッフェをはじめ多くの人の心を捉えました。
今展では、長い年月を経てもなお、世界中の人々を魅了し続けるアドルフ・ヴェルフリの作品と数多くの日本のアール・ブリュット作品を、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAを拠点に情緒あふれる界隈で展示し、滋賀、近江八幡から国内外へ向けてアール・ブリュットの魅力を発信いたします。

  • →イベント
  • プレス資料
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(近江八幡市永原町上16)+近郊6会場(カネ吉別邸、旧吉田邸、奥村邸、かわらミュージアム、旧八幡郵便局、尾賀商店、その他 町なかショーウィンドウ)
開館時間10:00~17:00
休館日月曜日
観覧料前売券700円、当日券1,000円、1館チケット300円
■主催
アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会

■特別協力
Collection de I’Art Brut, Lausanne
http://www.artbrut.ch

■後援
滋賀県教育委員会、近江八幡市教育委員会

■協力
近江八幡市立近江八幡図書館、尾賀商店、株式会社まっせ、株式会社カネ吉山本フーズ、公益財団法人八幡教育会館、酒游舘、スミ利文具店、タカモリ時計店、同志社大学政策学部大学院総合政策科学研究科井口貢ゼミ、初雪食堂、まちや倶楽部、丸重商店、NPO法人ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会、NPO法人しみんふくし滋賀、医療法人青仁会、平川病院[造形教室]、すずかけ絵画クラブ、最上町教育委員会、社会福祉法人戸田わかくさ会、社会福祉法人にじの会、社会福祉法人びわこ学園、社会福祉法人みぬま福祉会工房集、社会福祉法人もみの木福祉会、社会福祉法人やまなみ会、社会福祉法人若竹会、社会福祉法人若竹福祉会

■平成26年度文化庁 地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業

出展作家

アドルフ・ヴェルフリ / 井上優 / 岩城敏夫 / 岡元俊雄 / 狩俣明宏 / 川上敏郎 / 木代至子 / 倉田祐子 / 古久保憲満 / 齋藤勝利 / 芝田貴子 / 舛次崇 / 新屋喜生 / 杉本たまえ / 高岡源一郎 / 高橋信之 / 谷口ちよ子 / 中川正信 / 西本政敏 / 東恩納侑 / 藤田千香子 / 戸次公明 / 水村英喜 / 宮川佑理子 / 「アール・ブリュット作品全国公募」入選作家 他

多様な主体との共働によるアール・ブリュット魅力発信事業

本事業は、アール・ブリュットの魅力を国内外に発信することを目的に、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAがアール・ブリュット魅力発信事業実行委員会を設置し、NO-MAを拠点に近江八幡市の町屋など文化資源を活用した「日本のアール・ブリュット展」を開催するほか、大津パルコやアメニティーフォーラム18での展覧会を開催します。

関連イベント

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ