ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

これまでの展覧会

第11回滋賀県施設合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

2014年11月29日(土)-2015年1月18日(日)

本展は、滋賀県内の障害のある人たちが作った作品を、福祉施設職員とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画・展示を行う展覧会です。
障害のある人の日々の生活に寄り添う施設職員だからこそ見える、独自の世界や表現。作者である、障害のある彼ら彼女らの心は、ありのままを“今”に生み落としています。作品のカタチはそれぞれ異なりますが、それらから放たれるエネルギーは力強く、また同時に脆く儚くとも感じられます。第11回を迎える本展では、そこに焦点を当て開催いたします。心のままに表現された作品をご観覧いただき、“今”を強く歩いている作者を感じてください。

  • →イベント
会場ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16)
開館時間11:00〜17:00
休館日月曜日(ただし、祝祭日は開館し、翌日休館)、年末年始(12月29日(月)~1月5日(月))
観覧料一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下・障害のある方と付添者1名無料 ※( )内は20名以上の団体料金
出展施設:あそしあ、伊香立の杜 木輝、きらり庵、工房和楽、湖南ホームタウン、湖北まこも、さくらはうす、しあわせ作業所、滋賀県立近江学園、滋賀県立信楽学園、信楽青年寮、社会就労センターあおぞら、社会就労センターこだま、杉山寮、ステップあップ21、大楽、能登川作業所、バンバン、彦根学園、ひのたに園、びわこ学園医療福祉センター野洲、ふくらの森、ふれあいワーカーズ、ぽかぽか、みどり園、やまなみ工房、ワークセンター紫香楽、わになろう
協力施設:蛍の里、にっこり作業所

主催:第11回滋賀県施設合同企画展実行委員会、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会
協力:一般社団法人近江八幡観光物産協会、NPO法人しみんふくし滋賀
助成:障害者の芸術活動支援モデル事業

出展者

芦田和馬 / 飯沼美代 / 池田一仁 / 一円敏彦 / 岩根和恵 / 岩本賢治 / 大塚忠文 / 大捕 萌 / 奥村庄一 / 梶田由華 / 片山みづほ / 川越壮真 / 木戸口 雅俊 / 黒川真樹 / K.T / 清水健生 / 田邊昭光 / 津田政美 / 堤 勝幸 / 中川猛義 / 西沢智博 / 馬場みち子 / 古川絹子 / 細川啓太 / 松本孝夫 / 村田美穂 / 山本サユリ / 山本 壽

関連イベント

NO-MA展覧会情報に戻る

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ