ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

  • HOME
  • > NO-MA展覧会情報

NO-MA展覧会情報

これまでの展覧会

Timeless 感覚は時を越えて

2014年(平成26年)5月2日(金)‐7月27日(日)

遠藤一郎 / 椎原 保 / 武友義樹 / 筒井貴希 / 西澤 彰 / 三橋精樹

詳細はこちら

これまでの展覧会

アール・ブリュット☆アート☆日本

2014年3月1日(土)~23日(日)

日比野克彦/澤田真一/林瑋萱/伊藤喜彦/今村花子/大江正章/小原久美子/金崎将司/鎌江一美/工藤みどり/河野咲子/古久保 憲満/佐藤朱美/魲 万里絵/武友義樹/富塚純光/中田勝信/似里 力/西澤彰/秦野良夫/藤野友衣/堀井正明/松本寛庸/三橋信勝/宮間 英次郎/横山篤志/吉田格也/吉田 真理子/渡辺孝雄/王彦成/黄啓禎/鄭鈴/陳立夫/王耀樟/林伊儷

詳細はこちら

これまでの展覧会

第10回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

2013年12月21日(土)~2014年2月23日(日)

一円敏彦/井上優/加藤愛子/川畑正弘/北村由佳里/小山勉/佐藤良市/下山孝也/鈴木淳也/寺村香穂/中橋博文/中村義裕/西川由加子/西堀正利/野坂剛司/森田周子/早藤剛/廣瀬よし子/舟橋慶/細谷武/本城直/松井春幸/宮本亮/森敏男/山本和彦

詳細はこちら

これまでの展覧会

カソケキ+チカラ

2013年8月24日(土)〜12月15日(日)

今村 源/大路裕也/小東恭子/田辺由子/辻 隆行/藤岡祐機/宮永愛子

詳細はこちら

これまでの展覧会

対話の庭 Dialogue of Garden―まなざしがこだまする

2013年4月27日(土)〜8月11日(日)

石原峯明/岡本光博/沢井実/坂本三次郎/新屋喜生/杉本たまえ/鷲見麿/林智子

詳細はこちら

これまでの展覧会

踊る細胞~田島征三とアール・ブリュットたち~

2013年2月1日(金)〜3月30日(土)

田島征三/伊藤喜彦/酒井清/土屋雅顕/梅本良純/高岡源一郎/谷口ちよ子/冨士川義晃/昆弘史/齋藤裕一/池田潤哉/西村真智子/村田清司/国保幸宏/南保孝/舛次崇

詳細はこちら

これまでの展覧会

第9回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

2012年11月23日(金)~2013年1月20日(日)

入江 衛/篠原 尚央/鈴木 滋/鈴木 正剛/中里 早百合/新垣 菜緒/西澤 彰浩/廣瀬 三知代/藤野 寛/脇阪 三洋/奥村 恵美子/岡田 直之/宮川 さよこ/三井 啓吾/三橋 真巳/山崎 直人/篠崎 安明/新屋 善生/杉山 喜代子/川越 美津子/前河 増蔵/辻 恵一/武友 義樹/福井 恒史/米田 奈央/別所 真基/北村 徹/本城 直/明光 四郎/林 達郎/林 美智子/和田 進/拓也/リッキー/Y.N (順不同)

詳細はこちら

これまでの展覧会

スーパー・ワールド・オン・ペーパー 古久保憲満と松本寛庸

2012年8月24日(金)〜11月11日(日)

古久保 憲満/松本 寛庸

詳細はこちら

これまでの展覧会

ひそむ形 とけ出る色 滋賀のアール・ブリュットたち

2012年4月28日(土)~7月22日(日)

伊藤 喜彦/大江 正章/滋賀 俊彦/芝田 貴子/藤野 公一/大橋 洋/山本 義英/小川 滋/小野 真理子/萩野 トヨ/藤関 美佐枝/鎌江 一美/河合 由美子/清水 千秋/三井 啓吾/木村 茜/久保田 洋子/西村 真智子/畑名 祐孝/比嘉野 歩治/M.K./木村 建吾/坂本 茂信/楠 舞子/塚本 清孝/馬場 房子/森川 真由美/古久保 憲満/倉田 祐子/服部 稔/澤田 真一/鈴木 一真/(光)※○に光/武友 義樹/谷口 ちよ子/戸次 公明/堀江 慈子/新見 次郎/徳山 彰/豊岡 綾美/仲 澄子/西川 智之/中崎 貴史/濱脇 忍/松林 数紀/溝口 翔太/久村 協子/福田 増男/森 智幸/吉田 修三

詳細はこちら

これまでの展覧会

日韓合同企画展 Art Brut in Japan and Korea 日/韓 行き交うところ

2012年1月21日(土)~3月11日(日)

キム・デヒョン/キム・ヒョンテ/パク・セジョン/パク・ザヨン/ユン・ドゥシク/クァク・ソンミン/澤田 真一/魲 万里絵/戸次 公明/西本 政敏/秦野 良夫/佐久田 祐一/富塚 純光/木村 茜/中島 涼介/橋脇 健一

詳細はこちら

ご展覧会情報

文字模似言葉(もじもじことのは)

2021年2月13日(土)~5月30日(日)

現代の情報社会において、私たちの身の回りには、様々な文字とことばが溢れている。街なかの標識・看板から新聞やテレビ・SNSに至るまで人が生きるなかで不可分である文字やことばであるが、そこには単なる情報伝達の手段を超えて、言霊といわれるように、“発し語り記す”人間の思考や感情のみならず魂さえ宿すこともある。
文学に限らず現代美術やアール・ブリュットの表現者においても文字やことばを扱った表現は珍しくない。本展では、“視る読む聴く”をキーワードに、文字とことばの持つメッセージやエネルギー、手書きからデジタルによるタイポグラフィーとしての造形など創造性豊かな作品を幅広く紹介し、日常とアートについて再考するものである。

本展アート・ディレクター、美術家
今井祝雄

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ