ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

展覧会情報

  • HOME
  • > NO-MA展覧会情報

NO-MA展覧会情報

これまでの展覧会

これ、すなわち生きものなり

前期:2015年9月12日(土)~10月18日(日)
後期:2015年10月22日(木)~11月23日(月・祝)

前期:飯塚政暁 / 木本博俊 / 古賀翔一 / 澤田真一 / 新野洋 / 谷平博 / 萩尾俊雄 / 沼祐一
後期:渥美圭亮 / 江本創 / 門山幸順 / 魲万里絵 / 濱脇忍 / 藤田雄

詳細はこちら

これまでの展覧会

鳥の目から世界を見る

2015年4月29日(水・祝)~8月2日(日)

香川定之 / 白石裕則 / 戸舎清志 / 山口晃 / 山田美智子 / 吉田初三郎

詳細はこちら

これまでの展覧会

アール・ブリュット☆アート☆日本2

2015年2月21日(土)~3月22日(日)

アドルフ・ヴェルフリ / 井上優 / 岩城敏夫 / 岡元俊雄 / 狩俣明宏 / 川上敏郎 / 木代至子 / 倉田祐子 / 古久保憲満 / 齋藤勝利 / 芝田貴子 / 舛次崇 / 新屋喜生 / 杉本たまえ / 高岡源一郎 / 高橋信之 / 谷口ちよ子 / 中川正信 / 西本政敏 / 東恩納侑 / 藤田千香子 / 戸次公明 / 水村英喜 / 宮川佑理子 / 「アール・ブリュット作品全国公募」入選作家 他

詳細はこちら

これまでの展覧会

第11回滋賀県施設合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

2014年11月29日(土)-2015年1月18日(日)

芦田和馬 / 飯沼美代 / 池田一仁 / 一円敏彦 / 岩根和恵 / 岩本賢治 / 大塚忠文 / 大捕 萌 / 奥村庄一 / 梶田由華 / 片山みづほ / 川越壮真 / 木戸口 雅俊 / 黒川真樹 / K.T / 清水健生 / 田邊昭光 / 津田政美 / 堤 勝幸 / 中川猛義 / 西沢智博 / 馬場みち子 / 古川絹子 / 細川啓太 / 松本孝夫 / 村田美穂 / 山本サユリ / 山本 壽

詳細はこちら

これまでの展覧会

開館10周年特別企画展「快走老人録Ⅱ-老ヒテマスマス過激ニナル-」

2014年8月9日(土)~11月24日(月・振休)

折元立身 / 小西節雄 / 白井貞夫 / 中川幸夫 / 西之原清香 / 福田増男

詳細はこちら

これまでの展覧会

Timeless 感覚は時を越えて

2014年(平成26年)5月2日(金)‐7月27日(日)

遠藤一郎 / 椎原 保 / 武友義樹 / 筒井貴希 / 西澤 彰 / 三橋精樹

詳細はこちら

これまでの展覧会

アール・ブリュット☆アート☆日本

2014年3月1日(土)~23日(日)

日比野克彦/澤田真一/林瑋萱/伊藤喜彦/今村花子/大江正章/小原久美子/金崎将司/鎌江一美/工藤みどり/河野咲子/古久保 憲満/佐藤朱美/魲 万里絵/武友義樹/富塚純光/中田勝信/似里 力/西澤彰/秦野良夫/藤野友衣/堀井正明/松本寛庸/三橋信勝/宮間 英次郎/横山篤志/吉田格也/吉田 真理子/渡辺孝雄/王彦成/黄啓禎/鄭鈴/陳立夫/王耀樟/林伊儷

詳細はこちら

これまでの展覧会

第10回滋賀県施設合同企画展 ing・・・~障害のある人の進行形~

2013年12月21日(土)~2014年2月23日(日)

一円敏彦/井上優/加藤愛子/川畑正弘/北村由佳里/小山勉/佐藤良市/下山孝也/鈴木淳也/寺村香穂/中橋博文/中村義裕/西川由加子/西堀正利/野坂剛司/森田周子/早藤剛/廣瀬よし子/舟橋慶/細谷武/本城直/松井春幸/宮本亮/森敏男/山本和彦

詳細はこちら

これまでの展覧会

カソケキ+チカラ

2013年8月24日(土)〜12月15日(日)

今村 源/大路裕也/小東恭子/田辺由子/辻 隆行/藤岡祐機/宮永愛子

詳細はこちら

これまでの展覧会

対話の庭 Dialogue of Garden―まなざしがこだまする

2013年4月27日(土)〜8月11日(日)

石原峯明/岡本光博/沢井実/坂本三次郎/新屋喜生/杉本たまえ/鷲見麿/林智子

詳細はこちら

ご展覧会情報

企画展 「反復と平和――日々、わたしを繰り返す」

2022年(令和4年)4月29日(金)-7月31日(日)

「平穏無事」「やはり家が一番」「いつもの味」等々、わたしたちは、しばしば、世界が変わらずに繰り返されることと、心の安寧とを、同じように考えることがあります。
しかしながら、実際には1日たりとも同じ日などないように、世界とは本来、常に変化を続ける時空間です。
馴染みの書店の閉店から、未曽有のパンデミックまで、変化は様々な形で表れ、わたしたちの日々を乱していきます。
そんな中にあって、わたしたちは同じことを繰り返すことへの志向を持ち、常同的世界の創造に、平穏な日々を支える足場の役割を与えようとします。

「反復」に「平和」を見る―
それはいったいいかなる人間的な行為なのでしょうか。
本展では「繰り返し」をテーマに7人の作者の表現を紹介します。

  • NO-MA 公式 twitterページ
  • NO-MA 公式 Facebookページ