ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Aug

29

「カソケキ+チカラ」展示されている映像もお見逃しなく!

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「カソケキ+チカラ」展示されている映像もお見逃しなく! はコメントを受け付けていません
8月24日(土)よりスタートした「カソケキ+チカラ」、
作品だけを展示するのではなく、その創作風景も映像で紹介しています。



こちらは辻 隆行さんの映像です。彼の部屋や、彼がこの作品を創っているときにどういった姿勢で望んでいるのかがわかります。

ちなみに、この映像はアートディレクターのはたと、NO-MAの学芸員によって撮影されました。辻さんの日頃の創作の様子を映像におさめるために、はたと学芸員はカメラ数台を駆使し、試行錯誤で作りました。この映像は、 ご家族とコピーを設置している店舗の方のご協力があったからこそ実現できたことです。


こちらは藤岡祐機さん。(わかりにく …

Aug

28

【展覧会情報】アートキャンプ2013展 素朴の大砲

カテゴリー: その他のアール・ブリュット展覧会情報, ブログ | 【展覧会情報】アートキャンプ2013展 素朴の大砲 はコメントを受け付けていません
沖縄県の浦添市美術館で「アートキャンプ2013展 素朴の大砲」が9月12日(木)から23日(月)まで開催されます。




写真は展覧会チラシです。

「アートキャンプ2013展 素朴の大砲」は、アートキャンプ2001実行委員会が主催する展覧会で、2001年から5回にわたり開催されています。
「独自の表現世界を持つ障がい者の表現活動を支援する」ことを目的に実施されてきており、今回は沖縄県の作家26名の他、県外の作家4名の作品も紹介されます。沖縄県の作家のうち16名は今回が初めての作品発表となるようです。

9月15日(日)にはNO-MAのアートディレクター はたよしこの記念 …

Aug

27

企画展「対話の庭」の展評が京都芸術センター通信に掲載されました。

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 企画展「対話の庭」の展評が京都芸術センター通信に掲載されました。 はコメントを受け付けていません
企画展「対話の庭」の展評が京都芸術センター通信Vol.160に掲載されました。
執筆者の河田亜也子さん(兵庫県立美術館学芸員)は本文の中で、出展者である坂本三次郎さんと、新屋喜生さんの活動に注目しながら、アール・ブリュット作品とアーティストの作品との共通点、相違点を考察しています。
ぜひご覧ください。 …

Aug

26

「カソケキ+チカラ」出展作家 今村 源さん

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「カソケキ+チカラ」出展作家 今村 源さん はコメントを受け付けていません
今村さんは、針金や発泡スチロール、ビニールなど、
重さや硬さとは相反する性質の素材を用いて「彫刻」を制作されています。

浮遊感覚を引き起こす作品は、普段、私たちが当たり前だと信じている世界が、
果たして真実なのか、私たちは世界の全てが見えているのか、という疑問を生じさせます。

今回の出展作では、作品そのものが回転するなど、
見ているだけでも楽しげで、同時に考えさせられる作品です。

私たちが見える世界はほんの一部にすぎず、
内と外、地上と地下、目に見える世界と見えない世界など、
これらが交差し合うところ、また両者の間を行き来するところに、
今村さんの作品は存在してい …

Aug

25

企画展「カソケキ+チカラ」オープニングイベント

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 企画展「カソケキ+チカラ」オープニングイベント はコメントを受け付けていません
昨日より企画展「カソケキ+チカラ」が始まりました。
お天気が心配でしたが大きく崩れることなく、多くの方が来てくださいました。



こちらはオープニングイベントでの作品紹介の様子です。
出展作家さんは、今村源さん、大路裕也さん、田辺由子さん、辻隆行さん、宮永愛子さんがお越しくださいました。



宮永愛子さんは今回この企画展のために新作を作ってくださいました。
作品モチーフについて、お話いただけるのもオープニングイベントならではです。



こちらは大路裕也さん。少々緊張されている様子でした。



今村源さんの作品は2階。NO-MAの町家ならではの和室を …

Aug

24

企画展「カソケキ+チカラ」を開催します。

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 企画展「カソケキ+チカラ」を開催します。 はコメントを受け付けていません
本日8月24日(土)から12月15日(日)まで、企画展「カソケキ+チカラ」を開催します。



〈か弱く、こわれそうで、危ない存在にこそ、想像を超える力がある。震えるように小さな鼓動にこそ、強い内層がある。
それゆえ、「かそけき」ものは強く、しなやかで、かつ用心深く大胆である。〉

「カソケキ(幽き)」とは、光や色や音などが、かすかで今にも消え入りそうな様を表した言葉です。
本展アートディレクターのはたよしこは、人の表現のスタートは常にかそけきものであり、その姿を追いかけることから始まると言います。
「カソケキ」を体現する作品から、繊細で消え入りそうな存在が放つ深く圧倒的な感 …

Aug

23

企画展「カソケキ+チカラ」、明日から開幕。

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 企画展「カソケキ+チカラ」、明日から開幕。 はコメントを受け付けていません
企画展「カソケキ+チカラ」が、いよいよ明日から開催となります。
展示設営も無事完了し、NO-MAの入り口には大きなタペストリーが設置されました。

明日は14:00から出展作家をお招きし、オープニングイベントを行います。
当日参加も受け付けていますので、ぜひお立ち寄り下さい。
詳細はこちらから。 …

Aug

22

企画展「カソケキ+チカラ」展示設営の様子

企画展「カソケキ+チカラ」は、8月24日(土)のオープンに向けて、現在展示設営の真っ最中です。

写真は、出展作家である今村源さんの設営の様子です。今村さんは、階段から2階の会場にわたって、浮遊感あふれるインスタレーションを展開されます。

その他の展示設営も着々と進行中で、作家それぞれが表現する「カソケキ」世界ができあがりつつあります。
明後日の開催をどうぞご期待ください。 …

Aug

20

「カソケキ+チカラ」大路裕也さん

カテゴリー: NO-MA ニュース, ブログ | 「カソケキ+チカラ」大路裕也さん はコメントを受け付けていません
大路さんは、滋賀県にある<やまなみ工房>で
創作活動をされています。


アトリエに伺うと、机に向かう大路さんの
大きな背中が迎えてくれます。

しかし、創作中の大路さんの姿からは、
そのがっしりとした印象とは反対の細やかさ、
繊細さを感じます。



描くときは、彼独特の一定のリズムを刻みながら、
ゆっくりと、しかし揺るぎない確かさで、ペンを持つ手が動いていきます。
幾重にも塗り重ねられた色彩は、画用紙の上をゆったりと広がっていき、
やがて、ひとつの命が生みだされます。



普段は、ロックな音楽が聴こえると、エアギターをかき鳴らし、
バラードが聴こ …

Aug

19

滋賀県施設合同企画展 ing…~障害のある人の進行形~

カテゴリー: NO-MA ニュース, ブログ | 滋賀県施設合同企画展 ing…~障害のある人の進行形~ はコメントを受け付けていません
NO-MAは、2004年に開館して以来、「滋賀県施設合同企画展」を毎年開催しています。
名前の通り、滋賀県内で造形活動に取り組む福祉施設の職員たちで実行委員会を組織して企画する展覧会です。

滋賀県には、戦後まもなくから、障害のある人たちの造形や芸術活動が福祉施設で取り組まれてきた歴史があります。
こうした活動発表の場として、1980年代からは、「土と色」展、「あふれる希望の芸術」展などの合同展覧会が開催されていました。
「滋賀県施設合同企画展」も、こうした実践を受け継ぐ形で、開催してきており、今年で第10回目という節目を迎えます。

本展の大きな特徴として、障害のある人に日々寄 …