ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Jun

04

「鳥の目で世界を見る」展 図録販売中

カテゴリー: ブログ | 「鳥の目で世界を見る」展 図録販売中 はコメントを受け付けていません
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA企画展「鳥の目から世界を見る」ですが、おかげさまで大好評開催中です。
NO-MAでは、本展の図録を販売しております。
「鳥の目から世界を見る」展の魅力が詰まった内容の濃い図録に仕上がっております。

購入に際しましては、直接会場でお求めいただくか、またはNO-MAホームページからでも注文いただけます。

展覧会図録「鳥の目から世界を見る」
価格:1,200円
重量:100g
ページ数:カラー24p
サイズ:21×29.7×0.3cm

グッズ・書籍ページ
https://www.no-ma.jp/?category_name=c …

Jun

02

企画展「鳥の目から世界を見る」展のご感想・ご意見を紹介します。

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 企画展「鳥の目から世界を見る」展のご感想・ご意見を紹介します。 はコメントを受け付けていません
現在開催中の企画展「鳥の目から世界を見る」展に寄せられた感想等を紹介します。
来館された方にご記入いただいたアンケートから、ご意見・ご感想を原文のまま掲載しております。

----------------------------------------------

・子どもの頃、新聞に入っていたチラシの裏に、想像の町の地図を書いていたのを思い出しました。
 その頃、何を考えてそれを書いていたのか覚えていませんが、きっと同じような心境だったんだろうな
 と思いました。

・アール・ブリュットの持つ、ナマのエネルギー、うねりが心地良かったです。

・人間が持つイメージの …

Jun

01

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月の現地リポート 「鳥の目から世界を見る」展覧会リポート

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月の現地リポート 「鳥の目から世界を見る」展覧会リポート はコメントを受け付けていません
今週は、現在NO-MAで開催中の展覧会「鳥の目から世界を見る」の現地からのリポートです。
展覧会の企画者、はたよしこNO-MAアートディレクターから、どんな展覧会で、どんな作者さんが出展しているかをお話しいただきました。


左 はたよしこディレクター

展覧会のタイトルからわかるように、今回は鳥瞰図的な作品を集めた展覧会。全国のアール・ブリュットの作者と出会ってきたはたさんは、俯瞰した位置からの作品を描く作者が少なくないことに気づき、いつかそれらを集めた展覧会をしたいと企画を温めていたそうです。

今回は6人の作品が出展されていますが、そのうち3人の作者について、作品の特徴や …

May

28

「鳥の目から世界を見る」展の楽しみ方――吉田初三郎――

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「鳥の目から世界を見る」展の楽しみ方――吉田初三郎―― はコメントを受け付けていません
「鳥の目から世界を見る」展の楽しみ方――吉田初三郎――

 現在開催中の「鳥の目から世界を見る」展ですが、テーマはずばり「鳥瞰図」です。
「鳥瞰図」、別名では「鳥目絵」。まさに、「鳥の目から世界を見た」ような、遥か上空の視点から世界を描いた絵のことです。

本展で展示している作家の一人、吉田初三郎は、日本の「鳥瞰図」の代表的な絵師として知られています。
初三郎は、大正から昭和にかけて活躍し、日本各地の観光パンフレットの挿絵などを描きました。


吉田初三郎の絵は当時の人々の鉄道旅行のガイドブックやお土産としても大変好まれたようです。そんな彼の作品ですが、細かいところを注意深く …

May

26

平成26年度 障害者の芸術活動支援モデル事業報告書

カテゴリー: アール・ブリュット関連情報, ブログ | 平成26年度 障害者の芸術活動支援モデル事業報告書 はコメントを受け付けていません
昨年度、厚生労働省の補助事業として、「障害者の芸術活動支援モデル事業」を全国5ヵ所の団体が実施しました。この事業は、芸術活動に取り組む(あるいは取り組みたい)障害のある人や、それを支える家族・支援者をサポートする事業をモデル的に実施し、その成果を普及していくことを目的として昨年度に始まりました。

主な事業は、
1.障害者芸術活動支援センターの設置
2.協力委員会の設置
3.調査・発掘、評価・発信
4.モデル事業連携事務局
です。 ※3、4は任意事業

詳細は、こちらのホームページからご確認いただけます。

(社福)グローでは、全国5ヵ所を取りまとめる連携事務局として1~ …

May

26

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月のゲスト小林瑞恵さん「アール・ブリュットを通じて一人一人の人間に出会うこと」

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月のゲスト小林瑞恵さん「アール・ブリュットを通じて一人一人の人間に出会うこと」 はコメントを受け付けていません
5月15日、22日の2週にわたり、社会福祉法人愛成会 アートディレクター、特定非営利活動法人はれたりくもったり アートディレクターの小林瑞恵さんをゲストにお迎えしました。小林さんは、これまで、障害のあるなしに関わらず、美術教育を受けずにあるがままの表現を追求する「アール・ブリュット」の作品紹介に、数多く関わってこられました。社会福祉法人に所属する「アートディレクター」という肩書きは、一見、「福祉の世界でどんなことをやっているの?」って不思議に思われる方も多いと思います。今回は、多数のアール・ブリュットの展覧会の企画に関わってこられ、海外との連携も深めてきた小林さんならではの、アール・ブリュット …

May

08

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月のゲスト代島治彦さん「アール・ブリュットを記録し続けること」後編

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月のゲスト代島治彦さん「アール・ブリュットを記録し続けること」後編 はコメントを受け付けていません
先週に引き続きゲストは、映画作家、プロデューサーの代島治彦さんです。10年間アール・ブリュットの作者を撮り続けてきた代島さん。撮り始めた当初とスタンスが変化してきているということを後編ではお聞きしました。


代島治彦さん(不思議なポーズで写真に収まってくださいました)

先週紹介した、DVD『日本のアウトサイダーアート』全10巻は前半5巻と後半5巻の2回に分けて発売されましたが、後半5巻が発売されたのが2009年。今回発表された『アール・ブリュットが生まれるところ』はそこから5年ほど経過した後に撮影されたものですが、この間に、日本の中の美術界における位置づけが変わって来たと感じてい …

May

04

鳥の目から見る世界展 鑑賞方法について

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], NO-MAの日常, ブログ | 鳥の目から見る世界展 鑑賞方法について はコメントを受け付けていません
大型連休に入り、4月29日(水・祝)から開催されています「鳥の目から見る世界」展には多くのお客様にご来場いただいております。
今回は鳥の目から見る世界展の少し変わった鑑賞方法をご紹介します。


NO-MAの会場では写真の虫メガネを皆さんにご案内しています。


今展の作品はとても細かく描き込まれていることもありますが、見る人が空を飛ぶ鳥の目から見たかのような視点を感じる作品が多く展示されています。
中でも大正―昭和にかけて活躍された吉田初三郎さんの作品は細部まで緻密に描かれていることもあり、展示ケースぎりぎりまで近づいて鑑賞されている方もちらほらとお見かけします。


May

01

ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月のゲスト代島治彦さん「アール・ブリュットを記録し続けること」前編

カテゴリー: Glow~生きることが光になる~(KBS京都ラジオ), お知らせ, ブログ | ラジオ番組「Glow生きることが光になる」5月のゲスト代島治彦さん「アール・ブリュットを記録し続けること」前編 はコメントを受け付けていません
5月最初のゲストは、映画作家、プロデューサーの代島治彦さんです。代島さんは、数々のテレビ番組やドキュメンタリー映画の監督・プロデュースで知られています。2006年からは国内のアール・ブリュットの作者33人の記録映像を録り続け全10巻のDVD『日本のアウトサイダーアート1~10』を発表、2014年には記録映像『アール・ブリュットが生まれるところ』を発表されています。そんな代島さんに、アール・ブリュットの作者の映像を記録し続ける動機、アール・ブリュットの魅力について語っていただきます。


代島治彦さん(左) アサダパーソナリティ(右)

最近、故大津幸四郎さんと共に監督を務められたド …

Apr

30

【鳥の目から世界を見る】4/29オープニングイベント レポート

カテゴリー: NO-MA 展覧会情報[blog], お知らせ, ブログ | 【鳥の目から世界を見る】4/29オープニングイベント レポート はコメントを受け付けていません
企画展「鳥の目から世界を見る」スタートしました。
好天に恵まれ、オープニングイベントにはたくさんの来場者がありました。その様子をご紹介します。

 

本展アートディレクターのはたよしこさんがナビゲーターとなり、作品と作家を紹介しました。
NO-MA入ってすぐに展示しているのは、山田美智子さんの作品です。ご本人と所属するやまなみ工房職員の牧原さんも来場され、作品について丁寧にお話しされました。



続いて「大正の広重」と言われた吉田初三郎氏の作品です。観光案内図などのパンフレットの展示がほとんどのため、作品点数が多く、見応えがありますよ。



白石裕則さんの作品 …