ボーダレス・アートミュージアム NO-MA

  • Japanese
  • English
  • 中文
  • 한글

ブログ

Jul

20

福祉施設で造形活動をされる方へ「作者の権利保護に関する研修会」のご案内

カテゴリー: NO-MA ニュース, アール・ブリュット関連情報, お知らせ, ブログ | 福祉施設で造形活動をされる方へ「作者の権利保護に関する研修会」のご案内 はコメントを受け付けていません
8月10日(南草津)、31日(米原)に行う権利保護研修は、絶賛お申し込み受付中です。
全国的に見ても先進的な取り組みとして注目されている研修会ですので、造形活動を行う福祉施設の方にはぜひご参加いただきたいと思っています。

福祉施設のなかで作品が生まれるとき、その著作権や所有権はどのように扱っていますか?
アイサでは、造形活動を行う福祉施設において、「作品取扱規程」を施設と利用者の間で取り交わすことを勧めています。
そのために、著作権保護の基礎から作品取扱規程作成の実践までを段階的に学んでいただける研修会を企画しました。

どちらの研修も大きく3つの構成で実施します。
①滋賀県 …

Jul

07

展覧会コラム「魲万里絵 遠くて近い私の風景」その1

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], お知らせ, ブログ | 展覧会コラム「魲万里絵 遠くて近い私の風景」その1 はコメントを受け付けていません
NO-MAでは、8月21日(日)まで、国内外で注目を集めている魲万里絵さんの個展、「魲万里絵 遠くて近い私の風景」を開催しています。今回は、一階の展示会場を少しだけ紹介します。



一階のスペースでは、制作の軌跡にフォーカスをあてた展示内容になっています。初期の2007年から、現在までの作品を時系列で紹介した展示空間です。
会場に足を踏み入れると、まず絵の「色の強さ」に驚かれる人も多いのではないでしょうか。暖色系の色味が多い魲さんの作品。本展一階では、展示壁面を反対色である紺色にし、魲作品の持つ発色の鮮やかさを感じてもらえるような空間にしています。さらに、魲さんの特徴として挙げられ …

May

20

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAキュレーター公募2016(7月7日:情報追加)

カテゴリー: NO-MA ニュース, お知らせ, ブログ | ボーダレス・アートミュージアムNO-MAキュレーター公募2016(7月7日:情報追加) はコメントを受け付けていません
平成28年度冬のNO-MA企画展のキュレーターの公募を開始します。

本公募は、アール・ブリュットをはじめとする障害者の芸術文化活動に関する世の中の関心が高まる状況を背景に、この分野の更なる振興を担う新たな人材に出会うためにアール・ブリュット魅力発信事業実行委員会が実施するものです。

応募資格は国籍、年齢、性別、資格・経験の有無、個人・団体すべて不問です。

アール・ブリュットに魅力を感じ、自らの言葉でその魅力を語れる人材に出会えることを楽しみしています。

詳細な公募内容と応募用紙については以下からダウンロードしてご覧ください。

ボーダレス・アートミュージアムNO-M …

May

19

2015年度 障害者の芸術活動支援モデル事業の報告書が完成しました!

カテゴリー: NO-MA ニュース, ブログ | 2015年度 障害者の芸術活動支援モデル事業の報告書が完成しました! はコメントを受け付けていません
昨年度取り組んできた「障害者の芸術活動支援モデル事業」の記録を、ギュッと凝縮した2冊の報告書が完成しました。

グローでは2014年度から厚生労働省の補助を受けて本事業を実施しています。
この事業は、全国7カ所で実施されています。障害のある人やその家族、障害のある人の造形活動を支援する人達を支える取り組みをモデル的に実施し、そのノウハウを全国に普及していくことを目的としています。

まず1冊目の「2015年度報告書 滋賀」は、2015年度にグローが滋賀で取り組んできた事業内容をまとめています。
 
 
 具体的には、昨年度から引き続いて障害者の造形活動に関する様々な相談を受 …

May

10

NO-MAコレクション展「世界を設計する人」出展者 古久保憲満さん

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], お知らせ, ブログ | NO-MAコレクション展「世界を設計する人」出展者 古久保憲満さん はコメントを受け付けていません
現在NO-MAでは、コレクション展「世界を設計する人」を開催しています。
収蔵作品を、「設計」というテーマで切り取る本展では、国内外で活躍中の出展者の古久保憲満さんの作品を展示しています。


「今後このような事がおこるであろう中国のモアイ市」(2011)

古久保さんの絵は、上下左右、四方から描かれ、まるで未知の都市空間のようです。
商業的な看板や車が溢れ、エキゾチックな外国の建物と日本の都市のランドマークが混在していると思ったら、それら全てが軍によって統制されていたりもします。硬質でありながら豪華な世界といえるでしょう。
古久保さんの制作は小学校に通い始めた頃から始まりまし …

Mar

24

【貸し館】Borderless展

カテゴリー: NO-MA ニュース, お知らせ, その他の展覧会情報, ブログ | 【貸し館】Borderless展 はコメントを受け付けていません
3月の貸し館のご案内です。
26日(土)より貸館「Borderless」展が始まります。
主催者は田中歩さんです。
今展の紹介には「ある行為のほどこされた物質と環境そして人が織りなす出来事の場を提案する」とあります。
NO-MAの空間を利用した、田中さんならではの展示空間を体験しにぜひ、会場まで足をお運び下さい。

貸館「Borderless」展
|会期|2016年3月26日(土)~4月10日(日) 10:00~17:00
|休館日|3月28日(月)、4月4日(月)
|入館料|無料
|主催|田中 歩

Mar

11

「アール・ブリュット☆アート☆日本3」出展者 岩崎司さん

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「アール・ブリュット☆アート☆日本3」出展者 岩崎司さん はコメントを受け付けていません
「アール・ブリュット☆アート☆日本3」出展者 岩崎司さんを紹介します。

岩崎さんは2008年にNO-MAで個展を開催し、2010年にフランス・パリのアル・サン・ピエール美術館の「アール・ブリュット ジャポネ」展にも出展した国内の著名なアール・ブリュット作者のひとりです。
今回は、カネ吉別邸に展示しています。
画像の中の岩崎さんの肖像写真にもありますように、岩崎さんが精神病院に入院されていた当時の部屋の様子を再現しようとした展示になっています。岩崎さんは入院している部屋のベッドの周りを埋め尽くす程の大量の作品を生み出しました。
作品の中には、2008年の個展以来出展される作品も多くあ …

Mar

01

「アール・ブリュット☆アート☆日本3」出展者 小西節雄さん

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], ブログ | 「アール・ブリュット☆アート☆日本3」出展者 小西節雄さん はコメントを受け付けていません
屋外に展示する作品は、その日の天候や時間帯によって、がらりと見え方が変化します。
本日の近江八幡は、しんしんと雪が降り積もり、小西節雄さんによるカカシもどこか哀愁を漂わせています。
本物の人間と思い、つい声をかけてしまうほどの「人感」を持ったカカシたち。「アール・ブリュット☆アート☆日本3」の会場の一つ、奥村邸の広いお庭でそのユニークなカカシたちに出会うことができます。

「アール・ブリュット☆アート☆日本3」は、近江八幡市の旧市街5会場で3月21日(月・振休)まで開催しています。
小西さんのカカシをはじめ、寒さも吹き飛ぶ様々な作品群をぜひご高覧ください。


小西節雄「カカシ …

Feb

26

「アール・ブリュット☆アート☆日本3」出展者 石野敬祐さん

カテゴリー: NO-MA ニュース, NO-MA 展覧会情報[blog], アール・ブリュット関連情報, ブログ | 「アール・ブリュット☆アート☆日本3」出展者 石野敬祐さん はコメントを受け付けていません
ざわざわざわ……、
小人が群れる息づかいが聴こえてきそうです。



本作は、鹿児島を代表するアール・ブリュットの作者の一人、石野敬祐さん(1987-)による作品群です。
近江八幡市旧市街の複数会場で開催中の展覧会「アール・ブリュット☆アート☆日本3」の出展者で、会場の一つ「吉田邸」での展示風景です。


石野敬祐「女の子」(2009年)

石野さんは、小学生のころからこのような紙人形を制作し始めました。人形は女の子がほとんどですが、お菓子や数字の模型、最近では男の子の模型も作っています。
本展では、約300体もの人形をお借りし、町屋の会場を埋め尽くしています。
ちな …

Feb

22

3/5(土)メンタルケア美術館のスペシャルギャラリートーク開催!【終了しました】

カテゴリー: NO-MA ニュース, イベント情報, お知らせ, ブログ | 3/5(土)メンタルケア美術館のスペシャルギャラリートーク開催!【終了しました】 はコメントを受け付けていません
「アール・ブリュット☆アート☆日本3」の出展作家 カイ・フランクリン(1955-1997)/メンタルケア美術館(スウェーデン)は、4600点にものぼる鉛筆画を残しました。
フランクリンの研究者のヨハナ ハスト氏(メンタルケア美術館キュレーター)をお招きして、ギャラリートークを開催します。

カイ・フランクリン作品

■メンタルケア美術館 スペシャルギャラリートーク

[講師]
ヨハナ ハスト氏(Johanna Hästö)(メンタルケア美術館 キュレーター、アシスタントガイド、アーティスト)

2016年3月5日(土)15:00~16:00
会場:ボーダレス・アートミュ …